Lesson 44 #住宅 の #健康リスク には、#地域間格差 が存在する?

 

 

 

 

今回は冬季の4大疾病による死亡率の地域間格差に関する研究成果をもとに、温熱環境と

 

健康リスクとの関係について再考してみたいと思います。

 

 

室温が16℃以下で、呼吸器疾患のリスクが高い地域は「西日本」に多い。

 

冬季に死亡率が上昇する心疾患、脳血管疾患、呼吸器疾患は冬の三大疾患としてよく知られ

 

ています。これらに加えて急激な血圧変動に起因すると考えられる二次的な死亡原因として、

 

溺死・溺水が挙げられます。

 

 

 

 

これら4大疾患による冬季死亡率の地域間格差を、既往の研究成果をもとにグラフ化して

 

示してみました。寒冷地である北海道の厳寒期死亡率を基準にすると、比較的温暖と言われる

 

地域の死亡率が非常に高いことがわかります。

 

 

特に呼吸器疾患による死亡率は地域格差が大きく、近畿、北陸及び四国の死亡率は北海道の

 

5倍を超過しています。英国保健省の環境基準では「呼吸器疾患に影響の出る室温」を16℃

 

と規定していますので、これらに地域では冬季間の室温が16℃以上に維持できていない

 

可能性がありそうです。

 

 

CPA発症リスクを放置して、住宅の「安全性確保」はできるか?

 

下に住宅のウエルネスの構造を再掲してみました。これまで災害の発生時でも人命を

 

守るために最低限必要な性能を「安全性の確保」と定義して議論を進めてきましたが、

 

重大な健康被害のリスクを低減するための環境保持は「健康・快適」の創出と同次元で

 

議論しても良いのでしょうか?

 

 

 

 

冬型の心肺停止事故が、北海道よりも温暖地で多発する理由は?

 

以下に心肺停止状態で緊急搬送された高齢者数の、単位人口当たりの比率に関する研究成果を

 

都道府県ごとに示して比較しました。

 

 

室温が12℃を下回ると心疾患リスクは高まることを合わせて考えれば、CPA発生件数が高い

 

地域では室温が12℃よりも低下する時間帯があるか、寒い場所が住宅内に存在していることに

 

起因していることが容易に予見されるのです。

 

 

 

 

健康リスクの排除は、幸福な人生にとって不可欠な条件ではないのか?

 

健康寿命を延ばすために適度な運動を励行し、摂取する食物を吟味して選択している人は

 

少なくありません。しかし、室内環境が原因となる健康リスクの高い住宅に暮らす限り、

 

いつ重大疾病を発症してもおかしくはないのです。

 

 

  

 

 

 

断熱性能は「省エネ基準」から「健康基準」へと、評価指針を転換しませんか?

 

住宅のウエルネス向上は、社会保障費を不必要に増大させてしまう可能性もある

 

「冬型の健康リスクを住宅から排除する」ことから始めたいものです。

 

 

 

■本ブログは抄録版です。

記事原稿の全文と詳細は、公式HPをご覧ください。

 

「健康のための室内気候講座」: http://iwall.jp/column.html

 

 

【Good Design  Award 2018受賞】

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                        

 


4日間で外気温度が+14℃から-14℃まで、【28℃も急降下】!!

 

 

2018年12月4日(火)に、12月の気温としては史上最高気温を観測した北海道です。

 

積もっていた雪もすっかり融けて、一気に初春の陽気になったのですが・・・。

 

 

 

 

12月9日(日)の朝の最低気温は、アンダー -14℃!!

 

なんと4日間で 28℃の 温度降下となりました。さすがに室温は20℃キープですが・・・。

 

 

 

 

 

厳冬期の2月でも、なかなかお目にかかれないほどの大寒気団が、一気に南下しているようです!

 

時節柄みなさまも健康に留意されて、ご自愛ください。

 

 

 

 

 

【Good Design  Award 2018受賞】

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

        

 

 


#東京 ぶらぶら #散歩 で、素敵な #神社 を発見しました。

 

 

 

1件目の打ち合わせを終えて新橋駅まで移動。レトロな煉瓦アーチと汐留の高層ビルが

 

本当に対照的で、美しい景観を見せてくれます。綺麗な青空にスッキリ映えていますね。

 

 

SL広場から次の打ち合わせ場所まで歩いて移動する途中に、ステキな参道を発見しました。

 

 

SL広場の近くにひっそり佇む烏森神社。このお稲荷さんの縁起も、平安時代の平将門の乱の頃まで

 

遡るのだとか。東京の路地裏には、歴史と文化がたくさん残されているんですね。

 

 

神社で必勝祈願をしてから次のお打ち合わせへ。さてビジネスの首尾は如何だったでしたでしょうか?

 

翌朝は運動を兼ねて、宿泊先の周辺をぶらぶらと散歩しました。有名なお寺とタワーがお出迎えです。

 

 

増上寺の三解脱門の上に、東京タワーの頂がヒョッコリと。それにしても良いお天気の朝です。

 

 

開山から600年。徳川家の菩提寺としても、大きく発展してきた増上寺。

 

三門から大殿までの庭園領域は、私たちが生活している穢土(えど)から極楽浄土までの

 

道のりを表しているのだそうです。本当にこんな感じなんでしょうかねぇ。もうじき分かりますが。笑

 

 

参拝を済ませ、大殿の中でほっと一息。不敬にも御本尊をパチリ。申し訳ありませんでした。

 

 

ここまできたらやっぱり徳川将軍家の霊廟も見てみたいですよね。

 

6人の将軍を含め、徳川家の38人の方々が静かに眠る墓所なのだそうです。

 

 

葵の御紋が入った立派な門扉。緑青がういて、とても美しい姿を見せてくれます。

 

 

ちなみにこちらがフィレンツェにある天国の門。どちらも聖域への門としての象徴性に富んだ芸術品です。

 

これからも大切に継承されていくことを、心から祈らざるを得ません。

 

 

こちらが地下鉄の大門駅近くにある、予てからのロースカツの課題店。

 

ビジュアル、味や食感も最高の出来栄えで、こちらもサイホ決定です!

 

 

 

 

 

【Good Design  Award 2018受賞】

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                         

 

 

 

 

 

 


【緊急】加湿器の使用前には、必ず清掃を! #加湿器 #レジオネラ菌

 

 

加湿器が原因でレジオネラ菌に感染。死者も。

 

2018年2月1日付の新聞にショッキングな記事が掲載されました。

 

「大分県国東市の高齢者施設では加湿器が原因で昨年12月〜今年1月に、  80〜90代

 

の男性3人が「レジオネラ菌」に感染、うち1人が死亡した。今冬、インフルエンザが猛威

 

を振るい加湿器の需要も伸びる中、厚生労働省などは「適切に手入れをしないと集団感染に

 

つながる」と注意を呼び掛けている。(中略)国立感染症研究所(東京)によると、加湿器

 

による感染はこれまでも東京都や広島県、新潟市で確認され、症例こそ少ないが注意喚起され

 

ている。」(西日本新聞、記事原文ママ)。

 

 

お手入れを怠ると加湿器が致死的な凶器ともなりうるという現実。

 

設備の専門家にとってはメンテナンスが必須であることは公知の事実ですが、加湿器の

 

メンテナンスはまだまだ徹底されていないようです。

 

 

(写真)使用前の給水タンクと受水皿、フィルター部分の清掃は必須です。

 

 

 

加湿で、あっという間に室内は飽和状態。窓には結露が。

 

下図は、試験用チャンバーに60℃の湯の入った茶碗を静置して加湿した時の相対湿度の

 

推移を示しています。ビニールクロスを施工した箱では加湿直後から相対湿度が急激に

 

上昇を始め、健康的な相対湿度範囲と言われる60%を超過。

 

30分足らずで室内の空気は飽和状態になりました。

 

ビニールクロスの防水性能が仇となったようです。

 

 

もちろん断熱性能が低い窓面は全面結露の状態です。ガラスにびっしりと水滴がついて

 

いるのが目視でも確認できました。目には見えませんが天井や床、壁の表面にも

 

結露が生じていたと考えられます。

 

 

 

 

調湿建材の使用で、室内の相対湿度は安定。自然に吸放湿を。

 

壁に調湿建材を施工した箱でも同様の方法で加湿、室内の相対湿度の推移を観察してみました。

 

調湿建材を施工した部屋の相対湿度は下図のように緩やかに上昇していきますが、3時間連続

 

加湿をしても健康範囲である60%をやや超過したあたりで推移しました。

 

 

 

 

機械に頼りすぎない住宅と、生活習慣で自分の健康を守ろう。

 

家電製品や設備の発達で温度も湿度も全て機械任せ、という住宅が増えてきました。

 

同時に居住者はスイッチを入れたら自動的に、しかも永久に環境調整をしてくれるものと

 

盲目的に信じ込んではいませんか?

 

どんな設備でもメンテナンスが不可欠であることを忘れてはいけません。

 

危険はそこにあるのですから、無知だったでは済まされないのです。

 

 

(写真)調湿建材「エコナウォール 」を壁に施工した室内の様子

 

 

 

 

【Good Design  Award 2018受賞】

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

 

Twitter:         

 

https://twitter.com/i_wall_

 

 

 


フィレンツェ旧市街の街並みを、気ままに散歩します。

 

 

 

ビステッカのランチに大満足した帰り道。S.M.N. 駅に向かって気ままな散歩は続きます。

 

アルノ川にかかるポンテベッキオを渡り直進すると、左側にメルカート・ヌーヴォが見えて

 

きます。皮革製品などの土産物屋さんが軒を連ねている、16世紀創建の小さな市場です。

 

 

 

 

ここにあるイノシシの鼻先を撫でてから口にお金を入れて落とし、下の格子の中に落ちると

 

幸運が訪れると言われています。鼻がピカピカな理由、わかりますよね。

 

ちなみに周囲にあるカエルの彫刻もピカピカ。恋愛成就のお守りだそうです。

 

 

 

 

さらに直進すると、古代ローマ時代に神殿のあった共和国広場(レブッブリカ)に到着です。

 

 

 

 

さらに直進して、出発地点のドゥオモ広場へと戻ってきました。ここでノルマの10,000歩!

 

 

 

 

広場から少し入った有名店グロムで、美味しいジェラートをいただくことにしましょう。

 

 

 

 

清潔な店内には蓋をしたジェラートが。衛生面だけでなく、味を維持するためにも蓋は必須。

 

新鮮な果物のジェラートをいただくなら、ジェラートに蓋がしてあるお店を探しましょうね!

 

 


 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                        


「ソーラーパネル」は、現代の「屋敷林」になれるのか? #ZEH #PV #屋敷林

 

 

 

これまで住宅のウエルネスに不可欠な「レジリエンス」について考えてきましたが、

 

今回は日々の暮らしを支えてくれる「エネルギー・資源」と住宅との関係を取り上げて

 

みたいと思います。

 

 

 

日本の「屋敷林」は、自立循環型の生活を支えてきた。

 

青々とした水田の向こうに見える「緑の島」。厳しい季節風が吹き付ける日本の平野部では

 

防風や防雪、防砂などの目的で家屋を取り囲むように樹木が植えられ、日本の田園風景を

 

形成してきました。

 

 

「屋敷林」と呼ばれるこれらの人工林に植えられた樹木は種類も多様で、スギやヒバ、

 

ケヤキなどの風に強い高木に加え、カキやカエデ、キリなどの加工性に優れた中低木も

 

植えられていたようでです。

 

 

 

 

仙台平野をはじめとする東北地方では「居久根(いぐね)」、富山の砺波地方では「垣入

 

(かいにょ)」とも呼ばれる「屋敷林」。自然災害や厳しい気候から住宅を守ってくれる

 

「屋敷林」は、里山で暮らす人々に様々な恩恵をもたらしてきました。

 

 

その一つが燃料の自給自足。ガスや電気が十分に普及していなかった1960年代までは、

 

落ち葉や小枝を炊事や風呂焚きに利用したり、冬には囲炉裏での採暖にもこれらが利用

 

されていました。

 

 

また屋敷林は建築用の材料としても利用され、住宅の新増築、改修に用いられてきました。

 

今では古民家でしか見ることができなくなった強度に富んだケヤキの柱や大断面の梁、

 

外装に供される焼スギも自宅の「屋敷林」で生産されたものが多かったと言います。

 

 

 

「ソーラーパネル」は現代の「屋敷林」になれるのか?

 

都市部に人口が密集するようになった高度成長期を契機として宅地は狭小化の一途を

 

たどり、ガスや電気などの新エネルギーが田園地域でも普及すると、里山のエネルギー

 

需給にも大きな変革の波が押し寄せるようになりました。

 

 

「エネルギー・資源」が自給自足できた時代は終焉を迎え、日本全体が「エネルギー

 

・資源」を消費し続ける時代へと変遷したのです。

 

 

エネルギーの自足を目指した「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」の普及が

 

進む現代の日本。「ソーラーパネル」は、現代の「屋敷林」になれるのでしょうか?

 

 

 

 

【Good Design  Award 2018受賞】

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                        

 


Twitterでの情報発信を開始しました!

 

 

室内気候研究所では、日々の活動内容をタイムリーに発信することを目的に、

 

Twitterによる情報配信を開始しました。

 

Twitterユーザーの皆さんのフォローをお待ちしています。

 

Twitterのキーワードで「室内気候研究所」と検索してください。

 

 

 

 

 

【Good Design  Award 2018受賞】

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                        


浅草周辺を、ブラ散歩してみました。#東京 #浅草 #散歩 #グルメ

 

 

 

次のお打ち合わせまでは、もう少し時間がありますので浅草あたりに出没してみました。

 

前回来た時には東京スカイツリーはありませんでしたの、本当に久しぶりの浅草です。

 

 

 

 

浅草といえば浅草寺。雷門に仲見世の雑踏。そしてグルメの宝庫としても有名ですよね。

 

 

 

 

インバウンドの影響でしょうか、聞きなれない言葉が行き交います。それにしても賑やか。

 

 

 

 

浅草寺といえば「雷門」が有名ですが、仲見世通りの先にある「宝蔵門」も立派です。

 

通称は「仁王門」ですが、両脇には阿形と吽形の仁王像が配置されています。ツリーも。

 

 

 

 

山形県村山市から奉納されてた大わらじ。全長4.5メートル、使った藁は2,500キログラム

 

だそうです。宝蔵門の再建後から、約10年に一度作り変えられるというお寺のお守りだそう。

 

 

 

 

飛鳥時代、推古天皇の時代にまで遡る浅草寺の縁起。何と1,400年の歴史を誇る大伽藍です。

 

 

 

 

本堂の前にある「常香炉」から立ち上る煙を、参拝の皆さんが厄除けのために浴びています。

 

 

 

 

浅草寺の五重塔の最上層には、スリランカのイスルムニヤ寺院から奉戴した仏舎利が

 

納められているのだとか。五重塔はストゥーパが起源ですので塔頂には傘がありますが、

 

本物の仏舎利が納められているからでしょう、最上級の仏位を示す九重の金の傘です。

 

 

 

 

都内最古の観音寺、金龍山浅草寺。観光客も含めて、今日も参拝客が後を絶ちません。

 

 

 

 

東京大空襲で焼失した国宝の本堂は昭和33年の再建。川端龍子の天井画「龍の図」や

 

「天人散華の図」がとっても有名です。ヨーロッパの教会建築や装飾も素敵ですけれど、

 

日本の寺院建築も美しさでは引けを取りませんね。

 

 

 

 

そして何と言っても浅草といえばグルメ。今日はコスパ抜群のお寿司屋さんでお好みにぎり。

 

この中トロ、本当に美味です。再訪決定です!

 

 

 

 

 

【Good Design  Award 2018受賞】

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                        

 

 

 

 


Lesson 43 災害時でも、人命を守る住宅に必要なものは? #健康 #住宅

 

 

 

台風や集中豪雨による大規模な災害が頻発した、2018年の日本列島。

 

北海道でも観測史上最大となる大地震で土砂災害や地盤の液状化が起き、尊い人命や貴重な

 

財産が失われました。さらにブラックアウトによる広域停電が発生して被害は拡大し、

 

基幹産業を含む生活全般に深い傷跡を残しました。

 

今回は災害発生時に建築に期待される機能ついて議論してみたいと思います。

 

 

 

 

全ての人が幸福を追求できる住宅を、どう「ツクル」か?

 

ウェルネス(wellness)には種々の定義があるようですが概ね「健康であることを基盤とした

 

人生の幸福最大化に関わる希求」という解釈がもっぱらかと思います。

 

 

病気(illness)ではない状況としての健康(health)とは一線を画す概念で、住宅建築に対して

 

新しい道標を指し示すものと言えるでしょう。

 

 

前述したようにウェルネスを下支えしている機能が「安全性の確保(Resilience)」である

 

とすると「建築が原因の病気や怪我を防ぐ」という全ての機能は、ここに包含されるべきだと

 

考えられます。

 

 

 

 

 

もしも厳冬期にブラックアウトが起きて、暖房が使えななくなったら!

 

災害大国日本では、地震による二次的な被害を可能な限り抑制するためにも、深刻な事態を

 

想定した備えが常に必要になります。ここでは、住宅の安全性を担保してくれる「断熱」の

 

役割を、簡単な計算を使って考えてみましょう。

 

 

 

危機的な状況を緩和するために必要な、住宅の断熱性能とは?

 

2018年9月の北海道大地震では広域停電の解消までに3日を要しましたが、厳冬期にブラック

 

アウトが起きて暖房できなかったとしたら、住宅の室温はどのくらいまで低下してしまうの

 

でしょうか? そして、被災者の健康への影響は?

 

 

 

 

無断熱住宅では、暖房しないと初秋でも呼吸器疾患のリスクが高まる。

 

英国保健省の指針によれば、室温が16℃を下回ると呼吸器疾患に影響が出始めるとされて

 

います。無断熱の住宅で室温が16℃まで冷え込むのは、平均外気温13℃の日に相当します。

 

日較差が10℃だとすると最低気温が8℃、最高気温が18℃の日です。驚くべきことに無断熱

 

住宅ではまだ初秋の外気温でも、暖房をしなければ呼吸器疾患に影響を与える可能性がある

 

ということです。

 

 

 

断熱改修を急いで、環境弱者を死亡リスクから救い出そう!

 

災害時に過酷環境が生じた場合、一番初めに健康被害が及ぶのは、ご長寿さんや乳幼児など、

 

いわゆる「環境弱者」です。全国には2,500万戸にも及ぶ無断熱住宅が存在し、そこでは

 

日々の生活が営まれています。建築の専門家は寒冷による健康リスクに対応するためにも、

 

住宅や避難場所の断熱改修の普及に早急に取り組まなくてはいけないのです。

 

 

 

 

 

■本ブログは抄録版です。

記事原稿の全文と詳細は、公式HPをご覧ください。

 

健康のための室内気候講座: http://iwall.jp/column.html

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所

                       

 


アルノ川南岸のレストランで、ビスッテカをいただきました。

 

 

 

賑やかなポンテベッキオ橋を渡って、中世の情緒あふれるアルノ川南岸地区を散歩します。

 

 

 

サント・スピリト通りを西へどんどん向かっていくと、サンタ・マリア・デル・カルミネ

 

教会が見えてきました。展示されているマンゾーニの遠視画法を、巨匠ミケランジェロも

 

学んだということでも大変有名な教会です。 でも拝観の前に、とりあえずランチを。

 

 

 

 

何度かお邪魔している、カルミネ広場に面したリストランテで地元料理をいただくことに。

 

 

 

 

ここにきたら、メインはやっぱりビステッカ・ア・ラ・フィオレンティーナですよね。

 

オーナーがにこやかに運んできたキアニーナ牛のお肉です。二人でこの分量です!?

 

 

 

 

グリッシーニとハード系のパンはいただいた分だけ、後でお会計をします。

 

どのパンも、とっても香ばしくって美味です。ビールのおつまみにも最高!

 

 

 

 

目の前で切り分けてくれた焼きたてのステーキがこちら。これで一人前です。

 

今回はお醤油と山葵を持参していましたので試してみましたが、これが最高の味わい。

 

旅先で日本人であることを実感する瞬間ですね。うまし。

 

 

 

満腹になりましたので、午後の散歩へと出かけましょうかね。

 

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所

 

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:249 最後に更新した日:2018/12/10

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM