ドイツのクリスマスは、昼間の時間がとっても短い!

 

 

住宅のパッシブ設計で最も大切なことは、敷地の気候や風土を読み解くこと。

 

冬至も近いクリスマスシーズンの一日を、日本とヨーロッパで比較してみるのも

 

楽しいかもしれません。

 

 

12月中旬。フランクフルトの午前9時前。ホテルで朝食を済ませて散歩に出かけてみました。

 

 

 

 

 

周囲はぼんやりと明るくなり始めたばかり。お仕事は7時頃から始まっていると思いますが

 

日本のようにオフィスの照明が全部が点灯している、というわけではなさそうです。

 

 

 

 

 

 

ここからミュンヘンまでは390km、さらに南にあるチューリヒまで424kmあるようです。

 

フランクフルトは緯度で言えば日本最北端の稚内よりも、かなり北に位置していますので、

 

冬至の頃の昼の長さは本当に短く、お昼を過ぎるとあっという間に暗くなります。

 

 

 

 

 

 

午前9時ですから街路灯はすでに消灯していますが、朝食を出すレストランの照明が

 

とても暖かな印象に見えます。

 

昼の時間が短い地方では、間接照明や色の使い方もオシャレで楽しいものです。

 

 

 

 

 

 

打合せとランチを終えた午後2時頃。マンハイムの街中を散歩してみることにしました。

 

空は青く晴れているのですが、太陽高度がとても低いので建物の影が道路を覆い

 

街路全体が日陰になっているので、どうしても街は暗い印象です。

 

 

 

 

 

広場までやってくると、ようやく視界がひらけて明るさも戻ってきます。

 

12月16日、午後2時頃のマンハイムの給水塔広場の様子です。

 

 

中世の街路と広場の関係は、閉鎖と解放という建築的な文脈で解釈されることが多いのも、

 

ヨーロッパに来てみると、直感的に理解できるものです。

 

 

 

 

前回もご紹介したように、ヨーロッパの各地でクリスマス市が開かれるシーズンです。

 

 

 

 

クリスマス市は午前中から開かれていることも多く、どこも多くの市民で賑わっています。

 

 

 

 

本物のポニーに乗ることができるメリーゴーランドを発見しました!

 

 

 

 

ホットワインを楽しみながら、ゆっくりとクリスマスのお買い物をする。

 

夜が長い、ドイツの冬の楽しみの一つのようです。

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                         

 

 


「冬の日射利用」は、神様からのプレゼント!

 

 

 

 

令和新時代の幕開け、相次ぐ豪雨被害、五輪マラソン会場の移転問題・・・。

 

 

色々と話題の多かった2019年も、もう残すところ1ヶ月あまり。

 

そろそろクリスマスの飾り付けが、街のあちこちで見られるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

キリスト教の信者の方々にとっては特別な意味を持つクリスマスですが、外界気候との

 

関係、とりわけ可照時間や日射量の変化も見逃すことができません。

 

 

北半球に住む人たちにとって12月25日前後は、一年で最も昼が短くなる冬至の時期

 

だからですね。弱々しい日差しが、厳しい冬の到来を告げる季節です。

 

 

 

 

(写真)マンハイム市の給水塔広場で開催されるクリスマス市

 

 

可照時間が短くなるということは外気温どが低下するばかりでなく、豊かな恵みを

 

もたらしてくれる生物の母、太陽の衰退を連想させ、来年の収穫への不安などを

 

想起させるからでしょう。

 

 

 

(写真)クリスマス市では、綺麗な飾り付けがたくさん販売されていました

 

 

特に北欧などの高緯度地域に住んでいる人たちにとって、クリスマス前後の昼の短さは

 

憂鬱なものです。ぼんやりとしか明るくならない日差しと、極端に早い日没。

 

陽光が燦々と降り注ぐ夏への郷愁が、クリスマス行事の背景にあることは容易に想像できます。

 

 

 

(写真)ドイツ・マンハイム市郊外の朝10時(12月上旬)

 

 

 

もちろん夏場の日射は住環境の悪化にもつながるのですが、冬場の日射があまりにも

 

脆弱な地方では、日射によるパッシブ環境の調整は想像することもできないでしょう。

 

 

 

 

 

 

北欧やドイツの省エネルギー手法が断熱の強化と高効率機器の導入という手法に偏るのも、

 

冬場の日射環境の特徴に起因していると言っても過言ではないでしょう。

 

 

 

(写真)日射遮蔽用のスクリーンが設けられた集合住宅(マンハイム市)

 

 

 

それでは、冬の日本の日射環境はどうなのでしょうか?

 

日本の地図を同緯度のヨーロッパ地図と重ね合わせてみました。東京はスペインの

 

マドリードよりも南に位置していますし、札幌はフィレンツェと同緯度なのです!

 

 

 

 

 

 

 

冬場の雲量など気象条件にもよりますが、日射受熱量は地域の緯度と密接な関係があります。

 

日本ではこの豊かな冬場の日射をパッシブ環境の形成に利用しない手はありません。

 

 

 

 

 

 

 

北海道職能大職能大の皆さんとは、今年も日射利用の技術開発に取り組んでいます。

 

ラボでの性能評価試験に続いて、実証実験棟での評価を実施していく予定です。

 

 

 

 

 

 

北欧や、ドイツ、スイスなどと比較して、日射熱を冬の環境調整に利用しやすい日本の

 

地理的な特徴を活かすことができる技術開発を、継続して実施しているところです。

 

 

 

 

 

 

太陽が復活し始める12月の下旬。

 

この時期の弱々しくも、魅力に溢れた太陽の恵みに、改めて感謝したいものです。

 

 

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

                        

 

 

 

 

 


床の素材選びが、ヒートショックの原因になる?

 

 

 

住宅内での「ヒートショック」といえば、寝室や浴室、トイレなど、非居住部分の室温が

 

快適範囲よりも低い時に起きる「健康リスク」を思い浮かべるのではないでしょうか?

 

 

 

それでは、室温さえ快適な状態に維持されていれば、ヒートショックは起きないのか?

 

今回はこの問題に迫ってみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

室温程度に温められたお部屋の中のテーブルを思い浮かべてみてください。

 

ひんやり冷たく感じる素材と、そうではない素材があることに気がつきましたか?

 

 

「木のぬくもり」と言いますが、まさに言い得て妙!

 

 

スティールデスクに比べると、同じ温度でも木のテーブルの方が暖かく感じるものです。

 

それはどうしてなのか、もう少し物理的に考察してみましょう。

 

 

 

 

 

 

手のひらが冷たく感じるかどうかは、机へと移動する熱のスピードが関係しているのです。

 

熱のスピードが早ければ早いほど冷たく感じますし、ゆっくりならば暖かく感じます。

 

 

どうやら暖かさは熱のスピードと密接な関係があるようです。

 

 

 

素足の足裏温度は27℃と、誰でもほぼ同じであることが知られていますが、

 

素足で床に立った時、足裏から逃げる熱のスピードがヒートショックの原因になることは

 

あまり知られていません。

 

 

 

 

 

 

足が冷たいと感じるのは、足の裏の温度が急激に低下して冷たくなっている証拠です。

 

既往の研究で、足の裏が3℃温度降下をすると、血圧は急上昇することが知られています。

 

 

いわゆる「足裏温度のヒートショック現象」です。

 

 

健康な人であれば耐えられる血圧上昇も、動脈硬化が進んだご長寿さんにとっては大問題!

 

浴室で脳血管障害を発生する健康リスクが、高まることになるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは床の材質ごとに、足裏温度の降下度を計算して比較してみましょう。

 

室温が20℃に設定されている時、床の表面温度はおおよそ18℃程度になっています。

 

 

先ほども言及したように、足からの熱移動速度は床に使用されている材料の性質に関係しています。

 

コンクリートやタイルなど、熱伝導率の低い材料では足裏からの熱移動も即座に行われ、

 

あっという間に危険温度の24℃を下回ってしまうことがわかります。

 

 

 

 

 

 

 

一方で、畳やカーペットなど熱伝導率の低い材料では温度降下のスピードも緩慢で、足裏が

 

冷たくなるまでの時間を稼ぐことが可能なのです。

 

 

ご家庭で素足で歩く可能性がある脱衣室やトイレなどでは、床に使用する材料にも注意して

 

足裏温度によるヒートショックを防止していきたいものです。

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

       


いよいよ冬将軍の前触れが、北海道へと!

 

 

 

今年は、初雪が遅いなあと思っていたのですが・・・。

 

とうとうやってまいりました。しかも、いきなりドッサリで、ビックリです。

 

 

 

 

 

 

今週は気温も低く、雪が降ったり止んだりの日が続く予報のようです。

 

おかげさまで、暖房対策は十分ですので、お部屋の中は暖かいのですが。

 

 

 

 

 

 

普段の運動不足の解消には、毎朝の雪かき作業はピッタリなんて、少し負け惜しみを。

 

しばらくは白い世界の中での生活が続きますね。

 

 

 

 

 

 

SNSでも、ヒートショックによる溺死問題が取りざたされる季節になりました。

 

入浴時には、健康に気をつけて! 日本人の楽しみ、毎日の入浴で事故に遭わないように。

 

 

 

 

 

 

来週から、冬の健康法についてブログを更新していこうと考えております。

 

 

 

 

2018_gmark_Type_F.jpg

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

                         ツイッター_50.png

 

 

 

 

 


宇都宮で開催されたセミナーに、参加してきました。

 

 

 

11月10日に宇都宮市で開催された、ユーザー向けの住宅セミナーに参加してきました。

 

会場は当地の老舗ホテルに設けられ、受講者の中には住宅の建設を検討中の皆さんもいて

 

長時間のセミナーでしたが、最後まで熱心に聴講していただきました。

 

 

 

 

 

 

当日は日曜日とあって、婚礼や披露宴に集まった方々でホテルは大盛況でした。

 

 

 

 

 

四季の変化を楽しみながら、健康で充実した人生を送るためには、住環境の整備が大切!

 

パッシブ技術を駆使しながら創り出す、健康住宅の実践例などを紹介してきました。

 

 

 

 

 

 

「断熱・蓄熱・遮熱」と「空気の質」は、健康な暮らしを実現不可欠な技術要素です。

 

30年後の評価にも耐えられるような水準の住宅づくりを、みなさんと一緒に考えます。

 

 

 

 

 

 

壁や屋根の断熱技術が進化した現在の住宅では、窓廻りのデザインが大切になりそうです。

 

外付けブラインドなど遮熱技術との組み合わせで、夏の暑さを和らげる工夫も紹介しました。

 

 

 

 

 

宇都宮といえば餃子の街。有名店には深夜まで長蛇の列が途切れることなく続いていました。

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

      

 

 


運動不足になりがちな冬は、転倒事故の多発する季節!

 

 

 

猛暑の夏や、相次ぐ台風被害が発生した2019年。でも冬はもうすぐそこまで来ています。

 

 

 

 

 

ヒートショックによる入浴中の溺死が、冬に発生していることはよく知られていますね。

 

でも家庭内の死亡事故のうち、転倒や転落によって亡くなられる数の多さをご存知ですか?

 

残念ながら犠牲者はここでも、65歳以上のご長寿さんが多数を占めています。

 

 

 

 

 

住宅のバリアフリー化やユニバーサルデザインの導入によって、転倒事故は減少傾向に

 

あるようです。確かに段差の解消や手すりの設置は転倒防止に役立ちますね。

 

 

でも、高齢者の転倒事故の根本的な原因はどこにあるのでしょうか?

 

驚くことに、冬季間の運動不足による全身の筋力低下が引き金になっているのです。

 

 

 

 

断熱が十分でない住宅では、暖かい部屋と寒い部屋が同居することになります。

 

この部屋間の温度差が、冬季の運動不足の原因となっているという研究成果があります。

 

 

確かに暖房された居間と、寝室やトイレ、玄関などとの温度差が大きいと、

 

家の中で活動はどうしても制限されて、運動不足になりがちです。

 

 

さらに家が寒いと、どうしても散歩に出かけようという意欲も低下してしまいますね。

 

 

 

 

 

 

高断熱・高気密化の効果は、住宅内部のヒートショックの予防、という観点から議論される

 

ことが多いのですが、運動不足の解消にも一役買っているというのは新しい視点ですね。

 

 

 

 

 

家中どこにいても寒さを感じることのない住宅の環境は、一年を通して活動的な生活を

 

送る上で欠かすことのできない大切な価値です。

 

ユーザだけでなく住宅を設計している専門家にも、断熱の新たな価値を十分理解して

 

いただきたいものです。

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

     

 

 

 

 


琉球文化の象徴、首里城正殿が消失。 残念です!

 

 

2019年10月31日深夜。世界遺産に登録されている首里城正殿でに火災が発生し、

 

完全に消失するという痛ましい事態となりました。

 

沖縄県民の皆様の悲しみに、今はそっと寄り添いたいと思います。残念です。

 

 

 

 

 

 

琉球王朝の執政の中心施設であり、沖縄文化の象徴でもあった首里城正殿。

 

世界中からの観光客をお迎えしていた施設が、あっという間に失われてしまいました。

 

 

 

 

 

 

第二次世界大戦の戦禍によって1945年に消失した正殿は、1992年に再建。

 

以来、沖縄県民ばかりでなく世界中の人から愛され続けてた、貴重な木造建築でした。

 

 

 

 

 

 

木造の世界遺産ですから、火災に対しては十分な配慮がなされていたと思いますが、

 

深夜の失火、そして消失に大変驚きました。

 

 

 

 

 

 

本ブログでも度々取り上げてきた沖縄の建築。とりわけ首里城は琉球と日本の伝統を

 

調和よく受け継いだ建築だっただけに大変残念です。

 

 

今後再建に向け動き出すことでしょうが、困難は多くても木造での再建を期待します。

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

       

 


健康のために、自然の変化を室内に創り出す。

 

 

 

室内での活動がますます長時間化し、知的生産活動も高度化し続ける現代社会。

 

現代人は知らず知らずのうちに環境ストレスにさらされ、健康リスクが高まっています。

 

 

 

 

健康のためには、ストレスの元凶となる環境要因を室内から排除していく必要があるのです。

 

 

人間の生理的な活動は、ほぼ24時間周期で変動を繰り返しています。

 

「音・光・熱・空気・色」。

 

様々な環境刺激が、1日を通してゆっくりと変動するような環境の創出が不可欠ですね。

 

 

 

 

 

 

 

でも、これらの周期的な環境刺激を機械的に作り出したとしても、鋭敏な人間の感覚は

 

これを否定的な刺激としてしか受け取ることはありません。

 

 

自然の変化を快適な範囲まで和らげつつ、どのように室内に取り込んでいくのか?

 

「健康住宅ヅクリ」の基本的なコンセプトは、第二の自然の創生に根ざすべきでしょう。

 

 

 

 

 

温熱環境に目を向けてみると、外気温度や日射量の変化を生かした環境づくりが

 

居住者の健康にとって不可欠であることは言うまでもありません。

 

 

断熱性能を高めるだけでなく、蓄熱性能の付与による室温変動幅の抑制、過度な日射

 

受熱による過昇温の抑制は、温熱環境づくりの原点といえるかもしれません。

 

 

 

 

 

大切な家族の健康な暮らしと、充実した人生を約束してくれる住宅ヅクリ。

 

自然に学び、自然を上手に利用する工夫が大切なようです。

 

 

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

     

 

 


北海道は、秋本番を迎えています。

 

 

 

北海道にしては珍しく、厳しい暑さを経験した2019年の夏。

 

各地に甚大な被害をもたらした台風19号が去って、すっかり秋の気配がそこここに

 

感じられるようになってきました。

 

 

 

 

ブログでは画像の色が再現できずとても残念なのですが、木々の葉は赤や黄色に衣替えです。

 

 

 

 

自宅の庭には珍しいお客様も。近くの森に住んでいるキツツキのようです。

 

 

 

 

10月11日から14日まで、台風が接近している最中に仙台市を訪れていました。

 

大変な暴風雨で命を落とされた方、被害に遭われた方には心からお悔やみ申し上げます。

 

 

 

 

地震や台風などの災害が頻発しています。住宅内部にある健康リスクを含め、住宅に必要な

 

レジリエンスの重要性について、改めて考えさせられる今回の台風被害でした。

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

       

 

 

 


「寝る子は育つ」、という変わらない事実。

 

 

 

家づくりの主人公である、家族の「子育て物語」。

 

我が子の成長と幸福を想像しながら、間取りやプランを考えるのも楽しみの一つですね。

 

 

 

 

 

そこで忘れてならないのは、人間は自然界の変化に対応しながら生きているという事実。

 

 

特に乳幼児から学童期までの間、睡眠は成長と免疫力の増強にとって欠くことのできない、

 

貴重な時間なのです。人の細胞分裂は、紫外線の影響を避けるため夜に活性化するからです。

 

もちろんヒト成長ホルモンは、就寝中に分泌されるのもこのためです。

 

 

 

 

 

 

「早寝、早起き、朝ごはん」!

 

この生活習慣を幼児期からしっかりと維持することで、子供は健康的に成長することが

 

可能になるのです。人工環境の中で暮らすことの多い、現代社会に生きる子供たち。

 

十分な睡眠を取ることのできる寝室こそ、最も大切な空間かもしれません。

 

 

 

 

 

朝目覚めたら太陽の光を浴びて、活動のスイッチを入れること!

 

子育て中は、毎日欠かさず心がけていきたいものです。

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

       



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:332 最後に更新した日:2019/12/05

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM