エネマネハウス 2017(大阪)を見学してきました。

今年で3回目の開催となった「エネマネハウス 2017」を見学してきました。

今年は会場を大阪駅のほど近く「うめきたサザンパーク」移して開催されました。

 

 

京都大学は「まち+こあ」を出展。既存の町家建築の中に断熱補強された「ZEH コア」を導入することで、住環境の改善と地域コミュニティの継続的な発展を促そうとする提案です。

 

 

玄関の建具にはCABOT社の「エアロゲル断熱材」が学生さん自身の手で挿入されていました。

 

 

首都大学東京チームはアジアの蒸暑環境下でも機能するZEHハウスを提案。

住戸を連続的に配置することで町並みを形成し、新しいコミュニティーを形成するとともに地域の既存街区とも連携・融合を図ろうという意欲的な提案です。通風や自然換気など機械に頼りすぎない蒸暑地域のパッシブな生活習慣ともマッチしそうです。

 


早稲田・芝浦工大チームは築40年を経過した工業化住宅のリノベーションを提案。次第に深刻化する空き家問題や社会資産としての住宅ストックの流動化に向けた意欲的な取り組みです。南面の大開口は可動式サッシュで構成されていますが、外付けブラインドとのコンビネーションが見られるとさらに効果的ではないかと思いました。

どの大学の作品も現代建築が抱える課題に真摯に向き合い、意欲的な作品に仕上がっていたことに大変感動しました。

 

 

急速な発展をとげる「うめきた地区」ですが、こんな名店もあります。

大勢のお客さんが早朝からお酒を楽しんでいてびっくりしました。

 

 

もちろんこんなものも。活け車海老の握りが200円でいただけます。大変美味でした。

 

 

■本ブログは抄録版です。

記事原稿の全文と詳細は、公式HPをご覧ください。

 

HPニュース: http://iwall.jp/news.html




コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:140 最後に更新した日:2018/01/19

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM