Lesson 18 窓の機能を再考してみよう。

建築は「安心シェルター」、窓は自然を楽しむための「刺激フィルター」です。

 

室内に自然な光の変動を取り込み、朝、夕など相対的な時刻の差異を知らせてくれるのは窓の大切な機能です。発電所の管制室や地下鉄の運転席を想像してみてください。窓のない空間を無窓空間と言いますが、完全に自然と隔絶された環境で終日働いてくれる皆さんのご苦労には、頭が下がる思いです。

 

 

人工照明が発達して執務空間から窓までの距離がとても深くなった現代のオフィス。昼間から照明の下で仕事をしている人たちは、昼夜の別なく長時間労働を強いられることも多く、過度なストレスにさらされているのではないでしょうか?明るいうちは精一杯働き、夕方に薄暗くなってきたら休む。窓の機能の見直しは、現代人の働き方を見直すきっかけにもなろうかとも思います。

 

 

「窓」のデザインは建築のファサードを印象付ける大切な要素です。室内条件からの要求性能と外部のデザインに整合性をもたせた建築は、誰がみても美しいものです。つまり、窓設計の環境工学的なアプローチは単に熱や光、空気といった物理的な要求を満たすために設計されると言うより、環境設計が建築デザインそのものの基礎となっていると言っても過言ではありません。窓は室内の要求を主張して、形状として外部へと表出しているわけです。

 

 

室内に自然の穏やかな変化をデザインする。

建築の専門家は、窓の設計に託された大切な課題を忘れてはいけません。

 

 

■記事原稿の詳細は、公式HPをご覧ください。

健康のための室内気候講座: http://iwall.jp/kenkou.html

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:82 最後に更新した日:2017/06/26

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM