フォロ・ロマーノとコロッセオの周辺を、散策してみます。

 

日中の最高気温が28℃にもなる日が続きましたが、空気がひんやりとして気持ちの良いローマの朝。今日はコロッセオ周辺の探索からスタートです。周壁の改修作業も一段落したのでしょうか、作業用の足場も撤去されて青空に美しいシルエットを見せてくれています。

 

 

8万人を収容する巨大闘技場をたったの8年で完成させた、古代ローマ人たちの技術力の高さには改めて驚嘆させられます。

アリーナの語源はラテン語の砂(アレーナ)。闘技場が剣闘士や猛獣の血で染まるたびに新しい砂が撒かれたのが由来だそうです。建設中の新国立競技場をはじめ近・現代アリーナの基本デザインは、この競技場に由来するところが多いのですから驚きですね。

 

 

皇帝の御座付近から見たアリーナの地下部分。床の一部が復元されていますが、地下は大道具の倉庫、世界各地の猛獣を入れた檻、奴隷たちの牢があった場所です。地下室の壁は可動式の板張り床を支える構造としても利用されていました。文字通り命がけの闘技は、キリスト教の時代に入る5世紀まで続いたそうです。

 

 

中世から現代までに至るまで、建築用の資材としての持ち去り(盗難)を免れた白大理石の装飾が、コロッセオの中に保管・展示されています。

 

 

コロッセオの2階西側にある絶景ポイントから撮影した、パラティーノの丘とフォロ・ロマーノ。古代ローマ共和国の集会や政治の中心となった場所です。「フォロ」は公共広場の意味ですが、公開討議の場「フォーラム」の語源としても知られています。

 

 

フォロ・ロマーノの入り口にあるティトゥス帝の凱旋門。紀元1世紀にエルサレム包囲戦での皇帝ティトゥスの戦功を讃えるために建てられた、現存するローマでもっとも古い凱旋門です。2,000年も前に、今のイスラエルまで遠征していたんですね!

 

 

正帝との戦いに勝利したコンスタンティヌス軍を讃えるため、4世紀に建てられたコンスタンティヌス帝の凱旋門。ローマ最大の凱旋門でありパリのカルーゼル凱旋門、エトワール凱旋門のモデルになったことでも有名ですよね。保存状態も完璧で、装飾のディテールまでしっかりと観察することができます。

 

 

こちらがコンスタンティヌス帝凱旋門に続く、サン・グレゴリオ通り。どれほどのローマ兵がこの通りを行軍し、凱旋門をくぐって熱狂的に迎えられたのでしょうか。

 

 

凱旋門の周囲には舗装用の古い石が展示されています。中には馬車の車輪ですり減った石も。「同じ轍は踏まない」を、実感させてくれる貴重な遺物です。

 

 

さて、今日は観光バスに乗ってローマ市内を周遊することに。移動手段やチケット手配などを気にすることなく、ゆったりと観光できるので現地ツアーを上手に利用するのも良いものです。本日の集合場所はサン・グレゴリオ通りに直交する水道橋遺跡の付近です。そろそろ観光客のみなさんも集合してきていますね。

 

 

そしてローマといえばカチョ・エ・ペペ。ペコリーノチーズ(Cacio:カチョ)と胡椒(Pepe:ペペ)で味付けをしたローマ名物です。今日はリガトーニ(ショートパスタ)で。白ワインとの相性も抜群です!美味。

 

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所


家庭菜園も、いよいよ花の季節を迎えました。

 

2005年に定植して、今では我が家のシンボル・ツリーになったブラックベリー。


キイチゴ属の果実で現生種は野生えの低木として育つのですが、我が家では竹で組んだ棚でのびのびと成長させていますので、幹長が10m近くにもなります。毎年30kgくらい収穫でき、ヨーグルトやシリアルの付け合わせ、さらにジャムとして一年中その恵みを楽しむことができます。

 

 

今年もバラ科の植物特有の、優雅な花を咲かせてくれました。早速大きなミツバチも、蜜を求めて集まってきます。

 

 

イギリス生まれのメイクイーンも順調に生育中。いよいよ花の季節を迎えました。

 

 

男爵よりも煮崩れしにくいので、煮物に好適。おでんの種にするととっても美味です。それにしても綺麗な花ですよね。

 

 

日照不足でトマト君はやや生育が遅れているようです。早く日差しが戻ってくれると良いのですが。

 

 

ルビー・スイートの花弁も、よく観察するととっても不思議な造形をしていることがわかります。もともとアンデスの乾燥地帯が原産地ですので、朝露になった空気中の水蒸気も効率よく採取できるように進化しているんですね。

 

 

 

絹サヤの花も、毎日どんどん開花するようになりました。

 

 

収穫したの絹さやはお味噌汁の具や、卵とじにしていただいていますが、ちらし寿司に入れると色合いも綺麗ですよね。

 

 

2mを超えるほどに成長したアスパラガスたち。物理的には自力で移動できない植物たちも、よく見ると小さな花を咲かせて生育領域を広げられるよう頑張っています。アスパラガスのタネが小さい理由も、ようやくわかりました。

 

 

今朝は近くにある原生林から珍客が。若い山鳩のようです。

 

 

集中豪雨の被害に遭われた多くの方々にお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた皆様のご冥福をお祈りいたします。

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所

 


スペイン広場周辺まで、散策を進めてみます。

 

ポポロ広場からバビィーノ通りをゆっくりと歩いて、聖母のオベリスクがあるミニャネッリ広場に20分ほどで到着です。地下鉄A線に沿って一駅分だけ歩いたことになりますね。


オベリスクの背後に見えるのがスペイン大使館。天国の鍵の紋章で知られるバチカンのプレートも掲げられていますので、在バチカン・スペイン大使館が正式呼称でしょうか。この大使館が広場の南側にあるので、スペイン広場と呼ばれているようです。

 

 

散策の途中にはスペイン階段が。今日も世界中からの観光客でごった返しています。映画「ローマの休日」でオードリーがジェラートを食べながら降りてくるシーンがきっかけになり、ローマきっての観光スポットになった場所です。背後に見えるのがトリニタ・デイ・モンティ教会。16世紀にフランスのルイ12世の命で建設された教会です。

 

 

階段の下にはバルカッチャ(小舟)の噴水がありますが、トレビの泉と同じ水道水ですので実際に飲めて、しかも美味なのだとか。ベルニーニ父の作で、洪水で流れ着いた船がモチーフだそうです。本当に、いまにも沈没しそうですよね。

 

 

スペイン広場には観光客相手の馬車が、たくさん止まっています。ベニス名物のゴンドラ、みたいな感じでしょうか。

 

 

さて、本日の最重要ポイントはこちら、サンタンドレア・デッレ・フラッテ教会。ベルニーニ作、2体の「サンタンジェロ橋の天使像」が出迎えてくれるはずだったのですが・・・。長〜い、お昼の休憩の時間帯だったようで、神父さんにやんわりと拝観を断られてしまいました。次回は朝のうちに訪問しましょう。

 

 

とても残念ではありますが、こればかりは仕方ありません、来た道を少し戻ってスペイン階段からパチリ。正面に見えるのがハイブランドの本店が立ち並ぶ、コンドッティ通りです。もちろんこれまで何度かの視察でも、この通りに足を踏み入れたことは一度もありません。危険すぎます。

 

 

こんなお店や・・・、

 

 

こんなお店などなど。名だたるハイブランドのお店が立ち並び、黒服をシックに着こなした店員さんが店内を優雅に案内してくれます。ディスカウントには絶対に応えてくれませんので、こちらでお値段を確認してアウトレットで購入されるのが、旅慣れた邦人マダムたちの定番みたいです。汗

 

 

人物観察を含めウィンドウを冷やかしながらぶらぶらと往復600mも散歩したら、時間はもうお昼過ぎ。とても暑い日でしたので、カフェで一休みすることにします。スペイン階段の左隣にある瀟洒な建物の1Fにあるのが「BABINGTONS」という老舗の紅茶専門店。今日は、こちらにお邪魔してみることにしました。

 

 

店内はとてもシックな感じにまとめられていて接客にも節度と品があり、ゆっくりと午後の紅茶を楽しむことができます。

 

 

暑かったのでとりあえずアイス・レモンティーをオーダー。当然ながら結構なお手前でございます。

 

 

ランチどきでもありましたので、アフタヌーン・ティーのセットをいただくことに。簡素ですけれど、しっかりとしたスコーンとサンドイッチのセットですね。写真にはありませんが、バラのジャムも美味でした。このあとケーキも登場しましたよ。

 

 

二人の英国人女性が、この場所で始めた素敵なカフェ。今年が創業125周年なのだそうです。同行者情報では紅茶の品質も確かで種類も豊富。お土産に茶葉のお持ち帰りもできますが場所柄でしょうか、お値段の方もそこそこのようです。

 

 

さてディナーに備えてホテルに帰り少し休憩でも、と思っていたら・・・。

「ナガトーモ、ホンーダ、ニッポーン、トモダーチ」って日本語? だれ?

結局、日伊友好の証として、スペイン階段名物のミサンガをゲットする羽目に。

 

「スペイン階段 ミサンガ」で検索してみてください。心優しい日本のみなさん、大勢の方が被害に遭っているみたいです。涙

 

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所

 

 

 

 


ポポロ広場に面した「双子教会」を見学してきました。

 

北イタリアやイギリス、フランス、さらにはドイツなどからフラミニア街道を南下してポポロ門をくぐった巡礼者を出迎えた、ポポロ広場のシンボルでもある双子の教会。右側がサンタ・マリア・ディ・ミラーコリ教会、左がサンタ・マリア・イン・モンテサント教会です。17世紀に時を違えて建設された新古典主義様式の教会ですが、シンメトリーなファッサードが教会の威厳を示しています。

 

 

こちらが右側のサンタ・マリア・ディ・ミラーコリ教会。よく見るとエントランスでローマの建築科の学生たちが、設計実習のために測量をしているところが見えます。

 

 

こちらが右教会の祭壇の様子。新古典主義の特徴である、簡素で伸びやかな柱と古典的な装飾が印象的ですね。

 

 

そしてこちらがクーポラ。双子の右教会は、円形のクーポラを持っています。

 

 

そして、こちらは左教会サンタ・マリア・イン・モンテサント教会の祭壇です。確かにそっくりさんですが、こちらの方が時代が降っているせいか、色大理石が使われ装飾も少しだけ華やかになっていますね。

 

 

こちらが左教会のクーポラ。皆さんはもうお気づきですね。

 

ポポロ広場からは南に向かって3本の道が続いているのですが、各々の道幅が異っているので双子教会を完全なシンメトリーにはデザインできませんでした。設計者のライナルディは、ポポロ広場に対して巾の狭い向かって左側にあるサンタ・マリア・イン・モンテサント教会のドームを楕円形にすることで、ポポロ広場に対してのファッサード対称性を実現したのです。

 

 

こちらが右教会のエントランスポーチと鐘楼ですね。こちらのクーポラは確かに円形です。

 

 

左教会のエントランスからポポロ広場を振り返ると、オベリスクの背後にはポポロ門。そしてまっすぐ北の方角にフラミニア街道が続きます。どれだけの巡礼者がこの門を通ってローマを訪れたのでしょう。ゲーテやスタンダール、フロイトなど、ローマを愛した先人たちと同じ感動を味わうことができました。

 

 

サンタ・マリア・イン・モンテサント教会の左側はバビィーノ通りと呼ばれていますが、この道をまっすぐ進むと有名なスペイン広場へと続いています。今日もたくさんの観光客が散策を楽しんでいますね。

 

 

通りの脇には、素敵な小道があちらこちらにあるんです。おしゃれなカフェや、地元の方々御用達のレストランもたくさんありますので、次回は脇道散歩をしてみたいと思います。

 

 

通りに面した建物の1階には、デザイナーズブランドのおしゃれなショップが並んでいます。通路から見える光庭が、町家建築の坪庭の風情に似ているような気がしませんか?

 

 

散歩の後はお土産品を調達するために、ホテル近くのスーパーへ。チーズとハムのコーナーに巨大なサラミソーセージが展示されていたのですが、どんなお味がするのでしょうかね?

 

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所

 


農場の野菜も、すくすく育っています。

 

活発な梅雨前線の影響で北東からの冷たい風が吹きつける6月の北海道。先人たちは冷害の原因になるこの風を、東風(やませ)と呼んで恐れたようです。晴れ間を見つけて野菜用のビニールトンネルを外し、ジャガイモの土寄せ作業をしてみました。

 

 

背丈が60cmほどに成長したメイクィーン。寒冷に強い作物で、北海道では無農薬でもよく育ちます。中世の欧州では観賞用として珍重されたジャガイモも、もうすぐ紫色の綺麗な花を観せてくれるはずです。

 

 

まだまだ小さなキュウリの赤ちゃん。今年も黒サンゴを植えているのですが、身がしっかりとして美味な品種です。

 

 

トンネルを外してあげたミニトマトたち。赤く色づくのはいつ頃なのでしょうか、楽しみです。

 

 

 

毎日の朝食に欠かせないのがリーフレタス。株の周囲の葉から順番に収穫しても、あっという間に成長して元の形に修復されます。

新鮮なので苦味も少なく、子供達もすっかり野菜好きになりました。

 

 

可憐な白い花を咲かせた絹さやエンドウ。収穫まではもう少しかかりそうですね。

 

 

今年の枝豆は寒冷地に適した品種、札幌ミドリを選択しました。成長も早くたくさんの実がつきます。汚れを洗い落としてそのまま冷凍し解凍せずに茹でると、いつでも採れたての味が楽しめます。

 

 

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所

 


ポポロ広場周辺を、散策しました。

 

ローマ地下鉄のA線に乗ってフラミーニオ駅で下車。

古くから交通の要所として栄えてきた、ポポロ広場周辺を散策してみました。

ローマから北へと続くフラミニア街道の起点となるのがこのポポロ門。

北からの巡礼者たちを迎えるポポロ門は、15世紀に当時のローマ法王によって建立されました。

 

 

ポポロ門に寄り添うように建っているのが、古い歴史と伝統を誇るサンタマリア・デル・ポポロ教会です。

11世紀に市民の寄付によって建てられた礼拝堂ですが、残念ながらファッサードは修復作業中でした。

 

 

15世紀にルネッサンス様式で改修されたこの教会は、絵画や彫刻美術館といえるほど有名な美術品が展示されていています。

 

 

入り口付近にはロマネスク様式の特徴を示すアーチ天井と、後のバラ窓の原型にもなった円形開口部が残されていました。

 

 

こちらが教会のスポンサーでもあったキージ家の礼拝堂。設計はラファエッロですね。

他にもカラヴァッジョ作「聖パオロの改宗」と「聖ピエトロの磔刑」や、キージ礼拝堂のベルニーニ作「ハバククと天使」、「ダニエルとライオン」は必見ですね。

 

 

こちらがチェラージ礼拝堂。正面はアンニーバレ・カラッチの「聖母被昇天」が展示されており、両脇には同時代に活躍したカラヴァッジョの作品が2点あります。

 

 

教会内部はいたるところに墓標が。この教会は、建立の由来ともなった皇帝ネロを埋葬したドミティアヌス家の墓所でもあるのです。こんな時、ラテン語を理解できないのがとても残念です。

 

 

 

古代ローマ時代にアウグストゥス帝によって、はるばるエジプトから運ばれてきたフラミニアのオベリスク。

ポポロ広場のシンボルとして、広く親しまれてきた歴史遺産です。それにしてもスケールが大きい!

 

 

ポポロ広場からフラミニア街道を見たところです。ローマの北の玄関にふさわしい威容を誇っていますね。

 

 

さて、本日の夕食はマルゲリータ。ローマ駅に併設されたメルカトーレ・チェントラーレ・ローマでいただいた、本格石窯焼きのピザは、やはり絶品でした。

 

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所


僧坊の街、ミュンヘンを探索してみました。

僧坊の街、ミュンヘンの旧市街にある有名な教会群をゆっくりと探索してきました。

建造また改修された時代と歴史を振り返り、内部の装飾とりわけ天井に着目しながら比較してみます。

 

まずは16世紀に建造されたルネッサンス様式の聖ミカエル教会です。

正面の三角屋根の切り妻屋根と、聖人たちの彫像が特徴的な教会ですね。

 

 

祭壇の装飾も古典的な様式を保ちつつ、天上世界を現世に映し出すことに成功しています。

 

 

こちらがルネッサンス様式の代表的な天井装飾。少し抑制的ですが、美しいですね。

 

 

続いてフラウエン(聖母)教会。22,000人収容のミュンヘン最大の大伽藍です。

玉ねぎ頭が尖塔の上部に乗った、ミュンヘンを代表する後期ゴシック様式の教会です。

 

 

「悪魔の足跡」伝説で有名な身廊の列柱群。側廊部分が全く見えないように設計されています。

 

 

見上げると、ゴシック様式特有のアーチヴォールト天井が圧倒的なボリューム感で迫ります。

巨大な生物の中に潜り込んでしまったかのような印象がしますよね。

 

 

つづいてマリエン広場近くにある聖ペテロ教会。ミュンヘンで最古の教会と言われています。

度重なる災害や戦争で幾度となく改修を繰り返し、2002年に現在の姿に。現在も修復が続いていますが。

 

 

バロックとロココ様式が混在する教会内部の装飾。

大理石の彫刻、中央の祭壇と聖ペーターの像など、時代を代表する芸術家達の傑作で飾られています。

 

 

白い天井に描かれた色鮮やかなフレスコ画や漆喰装飾がバロック様式の特徴がよく表れています。

 

 

穏やかな日差しに恵まれたこの日、フラウエン教会の横のレストランでは、テラス席でお客様を迎える準備が整えられていました。

今回の訪問で最後かと覚悟しながら、随分と訪問回数を重ねてきました。また訪れることはあるのでしょうか?

 

 

先日、誰からも愛された正義感が強く有能な科学者が、新幹線の車内で凶刃に倒れました。

 

 

あまりにも理不尽な凶行で閉ざされてしまった彼の未来と遺志を引き継ぎながら、

さらに研究に邁進することを誓います。

 

ここに心からの哀悼を捧げ、ご冥福をお祈りいたします。ありがとうございました。

 

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所


暑さとスコールで、作物も順調に成長中です。

 

4日連続の真夏日は、6月の北海道の記録なのだそうです。

その反動でしょうか、昨日は東南アジアの雨季ようなスコールがありました。

畑もすっかり浸水してしまいましたが、作物にとっては恵みの雨かもしれません。

 

 

幹高がトンネルの2倍にまで成長したトマトたち。

トンネルの中では、たくさんの青いトマトが実っているようです。

 

 

雨の前に土寄せをしたジャガイモたちも元気に成長。もうすぐ白い綺麗な花が咲くシーズンになります。

 

 

新顔の絹さやエンドウの白い花も咲き始めました。

寒い日が続く予報なので、トンネルを外してあげられるのは来週の日曜日以降になりそうですが。

 

 

枝豆たちも順調に大きくなって、葉の数も増えてきました。

 

 

仙台に出張した時にいただいた、今が旬の三陸のホヤ。お酒のあてに最高ですね。

生臭みもなく、ほんのり海の香りを感じながら美味しくいただきました。

 

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所


ミュンヘン駅直近の、4星ホテルの朝食をご紹介します。

 

旅の主目的地であるローマまでの移動時間と体調管理のため、今回はミュンヘンに2泊しました。

空港からバゲージを抱えての移動と旧市街までの距離の考えて、駅直近の" Eden Hotel Wolff "を予約。Sバーンで1駅、3分ほどでマリエン広場まで移動でき、立地条件は抜群です。

 

 

フロントスタッフはとても親切で、日本語の通じる方もいらっしゃいました。でも、いきなり「おはようございます」と挨拶されると、ちょっと戸惑いますが・・・。

 

 

今回はスーペリアルームにアサインしていただきました。シャワーの出が悪かったのでフロントに連絡したところ、すぐにスタッフが対応してくれて、楽しみにしていたバスタイムも問題なく楽しめました。

 

 

ホテルの1階にはレストランが併設されており朝食を含め、いつでも美味しいドイツ料理が味わえます。

 

 

朝食のラインアップをパチリと。ミュンヘン名物ヴァイスブルストも見えていますね。

 

 

パンも充実していて、迷ってしまいます。実はこの写真の背後に、ライ麦パンを始めとしたハード系のパンがたくさん並んでいます。

 

 

うん、美味しそうなチーズたち。フルーツと一緒にデザートとしていただきました。どれも美味です。

 

 

野菜とフルーツはこんなものでしょうか。どちらかというとローマのホテルの方が充実していたような気がしますが、やはりお国柄だと思います。

 

 

こちらがジャムコーナー。色々な種類のジャムや蜂蜜を楽しむことができます。

 

 

とりあえずこんな感じで一皿目を!ブッフェだと、朝からどうしても取り過ぎてしまいますよね。

 

 

なんと水と一緒にホテルブランドのスパークリングワインが!!休日ですので朝から、祝杯です。

 

 

到着した日の深夜に、ミュンヘン駅でテロ対策の演習が行われていました!!

警察、消防、軍などの車両が集結して、自動小銃を抱えた兵士が本番さながらの訓練を夜が明けるまで続きます。

フロントで事前に教えてもらっていなければ、ちょっと怖かったかもしれません。

 

呑気なくらい平和な日本では考えられないことですが、こうした日々の努力がテロの抑止力になっているのですね。

 

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所


SUDO/MCHモデルを見学してきました。その2

 

前回はSUDO/MCHのデザインについて報告しましたが、今回はこだわりの素材とディーテールについてアップしていきます。

まず玄関先からとても気になる外構のデザイン。とりわけ花壇の作り方についてのこだわりです。

 

 

コンクリートの基礎上部には、アルミ製のチャンネルをビス留めしていますね。

側面にはこのモデルで多用されている樹脂モルタルを施工。

下地との密着もよく、形状変化にも柔軟に対応して目地の継ぎ目部分もほとんど気になりません。

 

 

システムキッチンや衛生陶器以外は、可能な限り家具や什器を現場施工で製作しています。

 

 

よく見るとダイニングテーブルの天板の側壁も、樹脂モルタルで仕上げてあります。

 

 

リビングのテーブルも同様の仕上げ。入念な手仕事が、家具の完成度を高めています。

 

 

2回階段室の共用部には、さりげなくワークスペースを設置。

吊り戸棚、収納、テーブルも同様のデザインコンセプトで製作されています。

 

 

薄いスレート版のような表情をした天板ですが、合板の樹脂モルタルコテ押さえ仕上げだそうです。

 

 

階段手すりも、脚部の施工など隅々に細心の注意が払われていますね。

 

 

玄関の床はコンクリート下地のモルタル仕上げ。表面はUVコートで仕上げてあるので耐久性も十分でしょう。

そればかりか床の光沢が、型枠を外したばかりのコンクリートのような重厚な雰囲気を醸し出しています。

 

 

北欧の住宅建築を想起させるようなリビングの石壁。構造用合板に直接的に接着施工されているようです。

 

 

腰壁部分にデザインされた板材の背後には照明が施工されており、壁全体を反射拡散板として上手に利用しています。

 

 

玄関横の坪庭を見ながら入浴できるように工夫された浴室。システムバスでは得られない開放感があります。

 

 

洗面台のカウンターも樹脂モルタルコテ押さえの上に樹脂のコート。

液体ガラスを塗装して、光沢を得ながら掃除を容易にする工夫も凝らされています。

 

 

シンプルな素材を上手に使ってさりげなさの中にも美しさを演出しようという、デザイナーの意図が隅々まで生かされた住宅になりました。

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:207 最後に更新した日:2018/08/18

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM