木質バイオマス発電は日本の森林を救えるか?

 

2017年10月6日の読売新聞朝刊に『バイオマス発電 商社進出 〜「有望な市場」計画相次ぐ』という記事が掲載されました。どうして商社はバイオマス発電に進出しようとしているのでしょうか?その目的は? 化石燃料の輸入はこれまでの事業の大きな柱ですから、代替エネルギー事業に転換しようとする商社の真意に素朴な疑問を持ったのです。

 

「ゼロエミッション」という名の「環境ビジネス」。

 

木質バイオマスは燃焼させて熱エネルギーを利用しても、「適正な植林と森林保全が担保されれば」二酸化炭素ゼロエミッションであると言えます。植物の成長過程で空気中の二酸化炭素を固定してくれるので、大気中の二酸化炭素量は増加しないと考えられるからです。さらに、バイオマス発電と電気自動車を組み合わせると「ゼロエミッション・カー」が実現できると考える人もいるくらいです。もちろん前提条件が満足されればの話ですが。

政府は木質バイオマスを化石系燃料に代替させることによって、 地球温暖化ガスの一つである二酸化炭素の増加を抑制できると考えて、地球温暖化防止対策の有効な手段の一つとして推進してきました。福島での事故を受けて、政府は2030年度時点で再生可能エネルギーの割合を22〜24%程度まで引き上げるという目標を掲げています。(http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/policy/biomass_energy/)

 

バイオマス発電の燃料はほぼ全量が輸入されている。

 

バイオマス発電の燃料は木質チップですが、現状ほぼ全量を輸入に頼っています。読売によれば、商社各社は今後大幅に木質チップの輸入量を増加させる計画を発表しました。輸出国の森林が再生されていることを心から祈らざるを得ません。

 

一方で日本の山林は荒廃が進み、二酸化炭素の吸収力を急速に失いつつあります。急峻な地形や搬送用の林道が未整備であること、森林事業に従事する人材が不足していることなど諸課題はあるものの、バイオマス資源として間伐材などの価値を見いだすことができれば、復活への道筋も見えてくるのではないでしょうか。バイオマス発電の普及が日本の森林の再興の端緒となることを強く期待したいところです。

 

木質バイオマス発電が稼動すれば、年間1兆円が電気料金に上乗せされる可能性。

 

バイオマス発電によって発生させた電力は国の固定価格買取制度によって一般の電力より高く買い入れることを電力会社に義務付けています。さらに電力会社は賦課金として利用者からその差額を徴収しており、実質的には再生エネルギーの買取費用は国民負担となっているのです。見えない電気料金として不評を買っている制度です。買取価格引き下げ前の駆け込み申請分を含めた700万 [kW]の発電所が今後稼動すれば、年間約1兆円以上が電気料金に上乗せされるとの試算もあります。日本の森林復活にこの賦課金を使用して欲しいと考えるのは私一人だけではないと思います。縦割り行政を是正し国民の十分な理解を得ながら、林野庁など関係機関とも連携した政策の推進が引き続き望まれるところです。

 

「二酸化炭素主犯説」が「環境ビジネス」を支えている。

 

1997年12月京都市国立京都国際会館で開かれた第3回気候変動枠組条約締約国会議(地球温暖化防止京都会議、COP3)でいわゆる京都議定書採択されてから、二酸化炭素の排出量削減を目標とした環境ビジネスが勃興し、隆盛を極めるようになってきました。

 

気候変動の二酸化炭素濃度主犯説には現在でも科学的な異論が絶えないにもかかわらず、経済合理主義と強く結びついてしまった環境問題は次世代の人々の足かせになりかねないと、一人の研究者として不安を抱き続けています。地球環境を守り、平和な世界を実現しようとする理念に異を唱える人はいないと思います。一方で、単なる学説を真理であるかのように喧伝し、利用しようとする環境ビジネスの行き過ぎた進展は、却って地球の持続可能性を損なう可能性があります。二酸化炭素削減という一つの目標が、全ての判断基準として取り扱われることを大変危惧しているところです。

 

室内気候研究所は、今後も環境問題について研究を継続していきす。

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/

 

 

 


北洲プレミアム・パッシブハウスが秋モードになりました。

 

台風一過の秋晴れの青空に恵まれた9月22日、北洲プレミアム・パッシブハウスの運転方法を秋モードに変更して、自然室温の変化を測定し始めました。暖房開始時期までフリー室温の測定を実施します。この夏お世話になった外付け電動ブラインドもしばらくはお役御免になります。

 

 

お勉強の様子を見ながら家事ができるアイランドキッチン。

 

最難関校に入学されたお子様の多くが、帰宅後に学校での今日の出来事を家族に話したり、家族の見守りの中で学習をしているそうです。夫婦共働きが多数派を占める現代ですから時間の調整が難しいのですが、子供部屋に引きこもってお勉強をするよりも学習効果が高いのでしょうか? ダイニングテーブルの窓の日差しを調整してくれていたブラインドは秋からフルオープンにしました。

 

 

ヨーロピアン調のデザインエアコン「UXシリーズ」

 

北欧の住宅に来たかのような気分にさせてくれるPPHの室内ですが、エアコンもしっくりとインテリアに溶け込んでいますね。7月の中旬から連続運転で環境調整をしてくれていたUXエアコン。今後実施される消費エネルギー量の分析が楽しみです。

 

 

運転中は吹き出し口が見えていますが、運転を停止すると曲面にデザインされた前面パネルが降りて来て、吹き出し口は見えなくなりスッキリした表情になります。

 

 

<運転中の様子>

 

<運転停止状態の全面パネル>

 

プレミアム・パッシブハウスももう秋。シミュレーションも本格的に始まり、測定結果との精度検証が楽しみになりました。

 

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/


蒸暑地域の環境について研究を開始しました。

 

室内気候研究所は積雪寒冷地の室内環境づくりの研究を開始してから、早いもので35年が経過しました。恩師や周囲の皆さん、家族にも支えられこれまで研究を継続できたことは、本当にありがたいことだと心から感謝しています。避けていた訳ではないのですが大の暑がりが災いして、これまで南方にはなかなか足が向きませんでした。節目の年を迎えた今年は心機一転。南の国から北国の生活を再考してみるために、沖縄やシンガポールなどの蒸暑地域を訪問して、環境を肌で感じるところから研究を開始しました。

 

木陰を見つけ、微風を楽しむのが夏の暮らしの楽しみ方。

 

夏至の那覇では太陽の南中高度が87°にもなりますから、頭上から南国の強い日差しが照りつけ、自分の影を見つけることすらできません。暑さというより痛さを感じるほどの強烈な日射ですが、木陰に入るとホッと一安心。微風が海から流れてくると本当に気持ちが良いものです。大屋根の深い庇で守られた縁側の涼しさは、南国の木陰を人工的に創出する工夫だと言えるかもしれません。

 

(写真1 首里城広間の縁側)

 

建築的な理由で庇がつけられない時には外皮の外側に通風を妨げない桟を設置して、日射が室内に直接入射したり壁が熱くなりすぎないよう工夫します。植栽を施すことで蒸散作用も手伝って涼しい風が通り抜けるようになります。グリーンカーテンや屋上緑化は、いずれも現代版の木陰創出に他ならないではないかと考えられます。

 

(写真2 沖縄県立芸術大学のファッサード)

 

国際建築主義は風土を超越することに成功したのか?

 

建築の基本的な考え方の中には、インターナショナリズム(国際主義)とリージョナリズム(地域主義)という二つの大きな流れがあります。地域や社会の違いを無視して広まったモダニズムの均一性へのアンチテーゼとして、その土地の風土に適したデザインを首尾一貫して実践しようとするのがリージョナリズムの約束です。完全な工業製品による建築建設が可能になった時代から、合理主義や機能主義は新次元の美を獲得することになりますが、巨大な設備と膨大なエネルギー消費なしに居住性を満足させることができなくなりました。現代では人類の持続可能性が危ぶまれるほどに発達した都市建築は、新たな指針を必要としているようにも見えます。

 

帝国主義的覇権争いが盛んだった植民地時代に建設されたシンガポールの新古典主義建築はリニューアルが計画的に実施され、現在もその威容を誇っています。でも暗くじめじめした室内は、さぞ暮らしにくかったのではないでしょうか?

 

(写真3 ビクトリア・シアター&コンサート・ホール)

 

木陰は日射遮蔽ガラスに、そよ風はエアコンに取って代わられた。

 

シンガポールの金融街・ラッフルズプレイスの東にある重厚な建物がThe Fullerton Singaporeです。1928年に郵便局として立てられたドリス式の柱をもつこの建造物は、2001年に大規模な改装工事を終え、最高級ホテルとして旅行者の憧れの的になっています。その背後にあるのが金融街のスカイスクレーパー。土地が何より高価なシンガポールではビルの超高層かは必須であり、高層化に向けた技術的、視覚的な挑戦が建築家たちを引きつけてきたことの象徴と言えるでしょう。

 

(写真4 フラートンホテルと金融街)

 

今回宿泊した高層ホテルのラウンジからはマリーナ地域とそれに隣接したオフィス街、対岸にはラッフルズプレイスを一望することができます。一日中を眺めていても、時々刻々と変化していく風景に飽きることはありません。でも快適さの中に少し違和感があることに気づきました。外は陽光が燦々と降り注ぎ夏の暑さがそこにあるのに、窓辺では全く日差しの暖かさを感じることがないのです。

 

ビル全体が遮熱ガラスで覆われていて、あたかもサングラスをかけたビルの中に自分がいるという違和感が消えていくことはありませんでした。厳しい冬を終え日差しが日に日に強くなっていく春の窓辺。ポカポカとした春の快適さを捨て去ってまでエネルギー消費量を抑制しようとする行為の是非を考えずにはいられませんでした。

 

北国の気候風土にあった建築デザインと建築材料の選択は、まだまだ最終的な解が見つかったとは言えないのかもしれません。室内気候研究所はこれからも北国の快適な暮らしのために研究を続けていきます。

 

(写真5 ホテルから見た金融街とベイエリア)

 

幸運にも水辺にある木陰の涼しさをホテルで体験してきました。最高でした。

 

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/


Lesson 25 エネルギーについて考えてみよう。 その2

 

エネルギー問題を議論するとき、資源の質と量、消費と枯渇問題、そして環境インパクトを総合的に評価することが大切になります。建築環境の創造現場でも省エネルギーが目的化しつつある現代において、政府や産業界が誘導しようとする結論がエネルギー問題の本質的な解決策となり得るのか考えてみましょう。

 

太陽からは使えきれないほどのエネルギーが到達しているが・・・。

 

太陽から降り注ぎ地上に到達するエネルギーは平均で 85,000 [TW]にも上ります。人類が使用するエネルギー量は 15 [TW]程度ですから、太陽エネルギーに比較すると微々たるものに過ぎません。絶え間なく降り注ぐ太陽エネルギー利用の将来像を考える前に、エネルギーに関する基本的な事項を押させておくことにしましょう。

 

 

1956年に米国の地質学者ハバートが米国石油学会で発表した「ピークオイル理論」を模式的に示したのが上図です。エネルギーの需要が高まると価格は上昇しますが、新たな埋蔵の発見がなく採掘技術にも進歩がないとすると、エネルギーの生産量に極限値としてのピークが出現する、というのがこの理論の趣旨です。実際にピークオイルは2005年に出現したと言われています。

 

また、エネルギー利用で最も深刻だと考えられるのが、ゴミ排出問題です。気候変動に関する政府間協議でも度々レポートが発出されているように、地球規模での気候変動や異常気象は地球温暖化物質の排出量の増加に起因しているという仮説が注目されています。とりわけ二酸化炭素濃度の上昇は化石燃料の消費によって引き起こされると言われているため温暖化の主犯格として槍玉に上がっているところです。もちろんこの仮説にも科学的な異論はあります。

 

エネルギー革命が起きるまでの対応を、今から考えよう。

 

太陽光発電に代わる日射利用の方法として人工光合成の研究が急速に進展しています。また、藻類バイオマスは安価で大量のエネルギーをゼロエミッションで利用できる可能性を秘めている技術で、資源小国日本でも次世代型エネルギー革命を担う主役候補として期待が集まっています。エネルギー技術は必ず革命的に進歩します。それまでの時間にしっかりとした科学的検証が必要です。

 

毎月届く電気料金の請求書には見えないほどの小さな字で「再エネ発電賦課金」という項目が記載されています。悪名高き消費税よりも高額ですが、ほとんどの人は気付かずに支払っているのではないでしょうか?私は発電事業者でもありませんし、再生エネ発電を誰かに依頼したこともありませんが。

 

■本ブログは抄録版です。

記事原稿の全文と詳細は、公式HPをご覧ください。

 

健康のための室内気候講座: http://iwall.jp/kenkou.html

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/

 

 

 

 


外気が35℃でも室内環境は安定させられる。

T-house(三笠市)の測定結果から、新しい情報をご紹介しましょう。

 

北海道ではフェーン現象などの影響で、5月から6月にかけて大変高温になる期間が見られます。

下図は2016年5月に測定した外気温と室内環境の測定データです。

全国のアメダス地点でも高温ランク上位に北海道の都市が名を連ねた暑い期間です。

 

 

高温の一週間でも5月19日からは真夏日、翌日からは猛暑日になりました。

高断熱、日射遮蔽、冷涼な夜間外気導入と高蓄熱を組み合わせたT-houseの室内環境は非常に安定していることがわかります。

猛暑日のニュースが流れていても屋外に出るまで気づかないほど快適に過ごせました。

 

蓄熱をすると夏の暑さが心配という方もいらっしゃいますが、建築的な配慮で蒸暑期間でも快適環境を創るができるのです。

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/


来年の収穫に希望を託して。17.10.4

 

北海道はすでに晩秋。峠からは積雪の便りが届く季節です。

グログのメインテーマである「健康」に欠かすことができないのが「食」。

 

無農薬で有機栽培した野菜を食卓に載せるため、10年前から家庭菜園を始めました。

我が家の朝食に欠かせないブラックベリーは、今年30kgを収穫。

一年分のジャムを作り残りは冷凍保存。幸いなことに、今年も皆さんにお裾分けできました。

 

 

最高気温が15℃を下回るようになりましたので、トマトともそろそろお別れですね。

寒さのせいでしょうか、最近とっても甘くなってきたのには驚きました。

 

 

今年は枝豆、ジャガイモ、大根、ネギ、アスパラガス、きゅうり、レタスなどなどに挑戦。

天候にも恵まれ、春からお手入れ作業を楽しませていただきました。

もちろん研究者ですから成長の観察と記録は必須ですが。

 

来年も大収穫を夢見て、気ままな農作業を続けていきたいと思います。

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/


概日リズム研究にノーベル賞! 17.10.2

スウェーデンのカロリンスカ研究所は、2017年のノーベル医学・生理学賞を、生物の体内時計の仕組みを解明した米国の遺伝学者でブランダイス大学のジェフリー・ホール名誉教授(72)、マイケル・ロスバッシュ教授(73)、米国の時間生物学者でロックフェラー大学のマイケル・ヤング教授(68)に授与すると発表しました。

 

3人はキイロショウジョウバエの遺伝子が体内時計を調節できることを発見した。この遺伝子情報によって作られるタンパク質は概日リズム(サーカディアンリズム)に応じて変化することを解明したことが高く評価されました。

健康講座でもサーカディアンリズムの維持が健康に及ぼす影響について何度か考察してきましたが、今回の受賞は生活リズムの大切さを改めて感じさせてくれるものになりました。

 

睡眠が単なる休息ではなく、新陳代謝や免疫など人間の健康に重要な影響を与えている事実をお知らせする予定にしていますので、楽しみにお待ち下さい。

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/


車窓が結露するように。17.10.2

 

今日から新学期やQ3を迎えられ、新たな目標にチャレンジしようと意欲的にスタートをきられた方々も多いのではないでしょうか?各地で予定されている秋祭りの準備も最盛期を迎えようとしている頃です。

 

早朝の最低気温が10℃を下回ると、自宅に駐車した車の窓に結んだ露が朝陽を受けて光り輝くようになります。

秋シーズンには最低気温5℃、最高気温15℃以下になると暖房欲求が生起するようになります。これから寒くなるというイメージのせいか、夏に馴化した体調のせいか、春よりはかなり寒く感じてしまいます。

 

春シーズンに暖房終了温度を確認して比較するため、覚え書きとしてブログに残しておくことにしました。

みなさんの暖房が欲しくなる外気温度は何度でしょうか?

 

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/

 

 


住宅セミナーで講演してきました。

仙台市で開かれた『「住まい手ファースト」な住宅セミナー in 仙台』に講師として参加しました。2020年度に予定されている新省エネ基準の義務化や新築住宅の過半数をZEH化する政策の推進など、住宅建設を取り巻く環境は大きく変化を遂げようとしています。

 

これまで高断熱・高気密化住宅の普及を通して、住まい手の健康的な生活の創造や省エネルギーの実現に貢献してきた先導的な工務店・ビルダーの皆さんと一緒に、これからの住宅と環境のあり方について議論するのがこのセミナーの目的です。

 

 

シリーズ第1回目の住宅セミナーは台風一過の秋空にも恵まれ、宮城県富谷市に本拠を置く総合建材商社(株)北洲本社さんの大会議室で盛況のうちに開催されました。共催者は日本における樹脂サッシのパイオニアである(株)エクセルシャノンさんです。 

 

 

まず始めに「省エネルギーとユーザーセントリックな居住環境」と題して、東北大学大学院工学研究科の小林光准教授の基調講演がありました。近年「我慢」によって引き起こされる熱中症や寒中症を原因とした家庭内の死亡事故は交通事故死の件数を上回っています。ユーザーのウエルネス向上に欠かせない室内環境の維持は決して贅沢などではなく、快適な室内環境の実現が健康の礎となっていることを、貴重なデータを基に解説していただきました。今後、創造性や生産性の増進を含む「健康」の定義として結実していきそうです。

 

室内気候研究所からは「LOHAS住宅に向けた新たな挑戦」と題して、研究開発と普及が進む潜熱蓄熱内装材「エコナウォール25」の実施事例と環境測定結果の報告をしました。今回は高断熱・高気密住宅の有用性をさらに進化させるための技術として欠かせない「高蓄熱」技術の意義と実証的な評価結果について講演しました。高熱容量化により実現される安定した温湿度環境が健康に及ぼす影響や、日射取得熱や内部発生熱を暖房用途に利用することで実現される高い省エネルギー性能について解説し、参加者からも新しい蓄熱技術について高い関心が寄せられたようです。

 

室内気候研究所 主席研究員

工学博士 石戸谷 裕二

■公式HP: http://iwall.jp

■ブログ:http://blog.iwall.jp

 

 


今朝は外気温が5℃を下回りました。2017.9.29

大雪山系の黒岳で初雪!の便りが届いたばかりですが、北広島の最低気温が5℃を切りました。

秋を通り越してもうすぐそこまで冬がやってきている感じです。

 

幸い、暖房をつけなくても室温は20℃をキープしていましたが、そろそろ暖房機の試運転をしなくちゃいけないかもしれません。

 

 

☆室内気候研究所

公式HP http://iwall.jp/



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:233 最後に更新した日:2018/10/22

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM