機械換気をしても、基準を上回る就寝時の二酸化炭素濃度。

 

 

 

 

 

2003年7月の「改正建築基準法」の施行によって必要換気量が規定され、住居では換気

 

回数0.5回/h以上、その他の居室(学校や事務所建築を含む)では0.3回/h以上の機械換気が

 

事実上義務づけられました。

 

 

しかし、建築基準法で定められた必要換気量と、二酸化炭素やホルムアルデヒドなど室内

 

汚染物質の濃度に関する指針との関係は必ずしも明確であるとはいえず、ましてやこれが

 

個別の室内空気質を保証するものでないことはいうまでもありません。

 

 

二酸化炭素の定量法を発見したPettenkofer(1818-1901)は、室内の二酸化炭素濃度が

 

700〜1,000PPMになると居住者は不快を訴えはじめる、という学説を世界で初めて提示

 

したことで知られています。

 

 

この成果は日本の建築基準法をはじめとする多くの基準で引用され、二酸化炭素濃度は

 

室内空気の汚染度の尺度の一つとして長く用いられています。

 

 

6畳間の寝室を閉め切った状態で建築基準法が規定する前述した量の換気を行なった場合、

 

8時間後の二酸化炭素濃度は2,600ppmと環境基準を大きく超過します。10畳間で二人が

 

就寝した場合も、ほぼ同様の結果となるのです。

 

 

二酸化炭素濃度が基準を超過しただけで直ちに健康被害があるわけではありませんが、

 

室内の空気質が低下していることを定量的に把握でき指標なのです。

 

 

近隣の状況や気象条件に左右されるものの寝室は締め切りではなく、窓あるいは隣室との

 

扉を開け放って就寝したいものです。

 

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

                         

 

 

 

 


ボルケーゼ礼拝堂の装飾に、ただ圧倒されます。

 

 


サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂の左側廊の奥には、教皇パウロ5世の礼拝堂があります。

 

サン・ピエトロ大聖堂の正面を造らせた、ボルゲーゼ家出身の教皇ですね。

 

 

 

 

大聖堂の入り口では高貴な教皇様が信者の方々を、優しくお出迎えしてくれます。

 

 

 

 

こちらが左側側廊。ランプのついている懺悔室には神父様がいらっしゃるのでしょうか。

 

側廊と身廊は、整然と並んだ36本の彩色大理石の柱で仕切られています。

 

 

 

 

左側廊にある「聖母子像」。今日も、たくさんのロウソクの灯が捧げられています。

 

 

 

 

左側身廊の奥にはボルケーゼ礼拝堂があります。17世紀にボルケーゼ家出身の教皇パウロ5世が

 

聖母マリアのイコンを納めるために建てた礼拝堂ですね。祭壇の聖母子のイコンは聖遺物です。

 

 

 

 

貴石で飾られた豪華な祭壇とともに、ヴォールト天井とルネッタを飾るフレスコ画も

 

見逃せません。グイド・レーニによって描かれた聖人たちは、皆さん上を見上げています。

 

 

 

 

ボルケーゼ礼拝堂左側の奥には、建設を命じた教皇パウロ5世のお墓があります。

 

 

 

 

クーポラの内部には、チゴリ作の「無原罪の御宿り」が。

 

聖母様が載った三日月にクレーターがあるそうですが?遠すぎて見えませんでした。

 

 

 

 

ピエトロ・ベルニーニはボルケーゼ礼拝堂造営のために、ナポリからローマに招聘されました。

 

スペイン広場にある「バルカッチャの噴水」の作者として知られていますが、後に大芸術家

 

となる息子のジャン・ロレンツォは、この大聖堂で今も眠っています。

 

 

 

いつも代わり映えしませんが、とっても美味しい朝食をホテルで・・・。

 

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

 

 

       


睡眠時の空気環境が、健康リスクを高める可能性がある。

 

 

換気によって室内の二酸化炭素濃度や浮遊粉塵量を減少させると知的生産性が向上する、

 

という研究が注目を集めています。近年では、睡眠時の空気環境も健康と無関係ではない、

 

と考えられるようになってきました。

 

 

昼間に酷使された免疫系の修復には、良質な睡眠が欠かせません。

 

 

睡眠時の空気環境が睡眠の質に影響を与え、結果として健康リスクを高める結果となる

 

ことが懸念されているのです。

 

 

アレルギー性の疾患を抱える人が半数を占める、と言われている現代社会。

 

 

閉め切った寝室はカビやダニ、寝具からのホコリなどが舞いやすく、二酸化炭素濃度や

 

VOCなどの濃度も高くなりがちです。

 

 

夜中から朝にかけての就寝時間帯は、鼻炎や喘息などのアレルギー症状が悪化する傾向が

 

高くなります。空気清浄機などを利用して室内の浮遊粉塵量を減少させることで良質な

 

睡眠が得られ、結果として免疫機構の活性化が期待できるということです。

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

 

        


サンタ・マリア・マッジョーレ教会を探索しました。

 

 

 

テルミニ駅直近にあるホテルに投宿した朝、食事を済ませてからブラ散歩に出かけました。

 

本日のお目当は、ローマ教皇が建築させたローマ4大バジリカの一つ、サンタ・マリア・

 

マッジョーレ教会です。出がけに、挙式へと向かう日本人の花嫁さんに遭遇しました。

 

 

 

 

テルミニ駅を背にしてジョベルティー通りを直進すれば、10分ほどで教会に到着します。

 

古代ローマのバジリカ様式を原型のままとどめている唯一の建築として、とても貴重ですね。

 

 

 

 

ローマに現存する13本のオベリスクのうちの一つが、教会前の広場に屹立しいます。

 

聖母教会の広場ですので、サンタ・マリアが頂部から優しく私たちを見守ってくれます。

 

 

 

 

教皇の命によって建築され、アヴィニョン捕囚の後は教皇宮殿としても利用されたマッジョーレ。

 

正面には教皇の権威のシンボル「天国の鍵」をかたどった紋章が、誇らしげに掲げられています。

 

 

 

 

こちらがアプス(祭壇)側から見たマッジョーレ教会。ローマ神殿の跡地ですが、教会の建築

 

候補地を探していた夏に、雪が降り積もったことからここが選ばれたという伝説もありますが、

 

現実的には古代ローマ暦の暦日誤差が原因ではないかと思いますが、いかがでしょう?

 

 

 

 

側廊に面したこちらのイタリアンカフェで食事をしているときに、偶然に通りかかった教皇

 

フランシスコに祝福していただいて感動したことは、以前にもお話ししました。

 

 

 

 

こちらが教会の平面図。典型的なバジリカ様式の建築であることが図からも読み取れます。

 

 

 

 

こちらがローマにある4大聖堂の「聖なる扉(Porta Santa)」の一つになります。

 

25年ごとに設けられた聖年にだけ開くのですが、ローマにある4大聖門を全てくぐると

 

それまで犯した罪が赦されるのだそうです。

 

 

 

 

こちらが教会の身廊の内部です。それにしても、静謐で美しい!教皇用の祈祷段もあります。

 

 

 

 

エントランス上部の装飾とマリアのステンドグラス。こちらにも「天国の鍵」が教皇庁の

 

象徴として飾られていますね。

 

 

 

 

それでは側廊や付帯する礼拝堂や主祭壇など、内部の探検に出かけてみましょう。

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

                       

 

 

 

 

 


強い揺れを感じましたが、無事です! #地震 #北海道中東部地震 #地震情報

 

 

昨夜21時22分頃、北海道胆振東部を震源とする強い地震が発生しました。

 

室内気候研究所でも強い揺れを感じましたが、幸いにも棚の荷物が少し落下した程度で

 

家族の怪我や器物の破損など、被害はありませんでした。

 

 

 

 

ここのところ昨年9月の余震がなかったので、注意をしていた矢先の強い揺れでした。

 

 

 

 

 

札幌地下鉄やJRの在来線が不通となり、新千歳空港やススキノ、札幌駅などで帰宅できない

 

いわゆる帰宅難民が不安な一夜を過ごしているようです。

 

震源に近い安平や平取の方々の安否も心配です。今後の余震にも注意していきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

         

 

 


「無暖房温室」の研究開発が、特別賞を受賞しました。

 

 

 

 

北海道職業能力開発大学校の三浦研究室の皆さんと実施した共同研究の発表会が小樽市

 

銭函の学内で開催されました。本年度の研究テーマは、冷暖房をしなくても室温を快適域に

 

維持することのできる「パッシブ・グリーンハウスの開発」です。

 

 

 

 

 

当日の会場は大変な盛況。一年間の研究成果の発表会ですので、学生の皆さんの発表準備も

 

万端です。今年もバラエティーに富んだテーマ設定の「ものづくりイベント」になりました。

 

 

 

 

北海道ポリテックビジョンは今年で16回目。地域の恒例イベントとして成長しました。

 

お子様づれの方も多く、参加者が成長して職能大に入学してくれることもあるようです。

 

 

 

 

「パッシブ・グリーンハウス」を実現してくれるのは二つの新規技術。潜熱蓄熱技術を応用

 

したハイテク・モルタルと、透明度を任意に調整できるダイナミック・ガラスです。

 

 

 

 

多くの来場者の皆さんがブースを訪れ、熱心に質問をしていただきました。非定常熱計算の

 

結果から、冷暖房をしなくても温室の温度は15℃〜30℃に保つことができるようです。

 

 

 

 

当日は開発したシステムのパネル展示に加えて、卒業研究の学術口頭講演も行われました。

 

しっかり練習しても、やっぱり本番は緊張しますよね。聞いている自分もなんだかドキドキ。

 

 

 

 

三浦研の皆さんの頑張りで、今年は「特別賞2018」を受賞することができました。

 

「グッドデザイン賞2018」とのダブル受賞となり、研究所としては大満足の一年でした!

 

 

 

 

次のお打ち合わせの合間に、銭函名物のこちらを・・・。ニンニク入りなのですが、美味!

 

 

 

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

       


Lesson 47 消臭スプレーで、部屋の空気はキレイになるか?

 

 

空気質の実態調査に伺うと窓を閉め切り、基準を大きく上回る二酸化炭素濃度の教室で

 

一生懸命に勉強する小学生に出会い、いつも心苦しく思うのです。おそらく閉め切った

 

教室の空気が、汚染されていることに気づいていないのでしょう。

 

 

外から帰ったら手洗い、ウガイ、そして窓空け換気の励行を!

 

 

生活環境の変化といえばそれまでなのかもしれませんが、窓を開放して換気を行う習慣が

 

失われるにつれて、空気の質に無頓着な人が増え続けているような気がしてなりません。

 

蒸し暑い電車の車内でも、窓を開けましょうと声がけをする機会もなくなりました。

 

窓を開放できない建築の増加が、これに拍車をかけているのかもしれません。

 

 

 

 

空気質の改善には、第一義的に汚染を感じ取る人間の感覚の敏感さが不可欠です。

 

窓を開け放って新鮮な空気を吸った時の開放感や清涼感をいつも身近に感じることで、自然に

 

空気質への感覚は研ぎ澄まされるのですから。

 

 

 

 

■本ブログは抄録版です。

記事原稿の全文と詳細は、公式HPをご覧ください。

 

「健康のための室内気候講座」: http://iwall.jp/column.html

 

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

                       


第3回 蓄熱シンポジウムに参加してきました。

 

 


前日までの季節外れの暖かさが去り、春まだ遠しを感じさせる陽気の2019年2月8日(金)。

 

東京日本橋の会場で開催された「第3回 蓄熱建材シンポジウム」に参加してきました。

 

 

(写真) 前日の都心は、20℃を超える暖かさだったのですが・・・。

 

 

主催者の(一社)日本潜熱蓄熱建材協会は、2016年に設立された蓄熱建材コンソーシアムの

 

理念と活動を発展的に継承する形で昨年11月に法人化された組織で、潜熱蓄熱建材の技術の

 

標準化と普及を目的に活動している企業連合です。

 

 

 

 

当日の会場は立ち見も出るほどの盛況で、気鋭の講師陣が潜熱蓄熱建材の最新情報や、

 

将来展望などについて熱のこもった講演をしました。

 

 

北洲総合研究所の今野氏は、潜熱蓄熱建材「エコナウォール」の実施事例と温熱環境の

 

評価結果を発表。高断熱住宅との組み合わせで、大幅な省エネと健康環境が同時に

 

実現されることを実証データから説明してくれました。

 

 

 

 

グッドデザイン賞を受賞し、潜熱蓄熱建材の先行事例である「エコナウォール」が、健康増進

 

や持続可能な社会の構築に貢献できる可能性を強く示唆する内容で、大変興味深く

 

素晴らしい講演となりました。

 

 

 

 

今が冬であることを忘れさせるような前日の陽気から、セミナー翌日は一転して真冬の

 

空模様に激変。東京にも確実に冬はある、ということを実感させてくれる1日となりました。

 

 

 

電車から見る住宅の屋根も、うっすらと雪化粧をしていますね。

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

       

 


【緊急】お使いの加湿器の清掃をしましょう!

 

 

冬になるたび、お部屋の湿度調節でお世話になっている「空気清浄機能付き加湿器」。

 

そんな便利な機械も、使い方を間違えれば健康リスクが一気に増大。

 

 

加湿器の内部でサルモネラ菌が増殖することで、肺炎にかかる死亡事故が後を絶ちません。

 

 

 

 

フィルターの掃除は2週間に一回、確実に実施されていますか?

 

 

 

給水タンクと給水パンは雑菌の繁殖リスクが高い場所。清掃でいつも清潔に!!

 

正しい加湿器のメンテナンスで、今年の冬も安全に利用したいものです。

 

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

                        

 


【重要】湿度の管理で、インフルエンザの予防をしましょう!

 

 

 

薬局サーベイランスの調査によると、2019年1月21日〜1月27日(19年第4週)の

 

インフルエンザ推定患者数は約228万人にのぼり、過去10シーズンの最大数を上回りました。

 

 

湿度を調整することで、インフルエンザのリスクは低減できます。

 

インフルエンザのウィルスは、室内の相対湿度を40〜60%に管理することで、増殖が

 

抑制されるので、インフルエンザの予防に効果があることがわかっています。

 

 

 

 

 

室内相対湿度を調整するためには加湿器を利用する方法が一般的ですが、室内水蒸気量の

 

上昇が結露の原因となって、カビが増殖してしまったのでは本末転倒です。

 

あくまでも適切な管理が、インフルエンザウイルスの増殖を抑制するのですから。

 

 

加湿器以外にも、部屋の相対湿度を調整する方法はあります。

 

調湿建材判定基準を満たした内装材を室内に施工することで空気の乾燥は抑制され、

 

あなたの家族をインフルエンザのリスクからいつも守ってくれます。

 

 

(写真)湿度を自然に調節してくれる調湿建材を施工した室内(北洲:プレミアムパッシブハウス)

 

 

 

 

 

調湿建材と加湿器の適切な使用で、インフルエンザの危機を回避しましょう。

 

 

 

 

 

■室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter:  https://twitter.com/i_wall_

 

                        

       

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:309 最後に更新した日:2019/06/18

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM