ナボナ広場を散策して、レストランで昼食を。

 

どこへ行っても観光客でごった返しているローマの旧市街。トレヴィの泉で小休憩をとってから、ナヴォーナ広場へと移動します。

 

 

ゆっくり歩いて10分くらい、ナヴォーナ広場が見えてきました。紀元1世紀、建設当初は競技場だったようですが、現在はクリスマス市もたつ公共広場に。バロックの天才ベルニーニ作の「四大河の噴水」と、宿命のライバルのボッロミーニが設計したサンタニェーゼ・イン・アゴーネ教会が対峙するように配置されています。殉教の地に埋葬された聖アグネスは、純潔と貞節の守護聖人ですね。

 

 

「スペイン広場」と並び称される観光名所「ナヴォーナ広場」には、今朝も大勢の大道芸人や似顔絵描きが集まってきています。商売道具を広げて、さっそく営業中のようですね。

 

 

修復・再建された古代ローマのオベリスクを支えるように配置されているのが、世界の四大河を擬人化した噴水です。ナイル、ガンジス、ドナウ、そしてラ・プラタ。ベルリーニの最高傑作の一つですね。オベリスクの頂上に、建設を指示した法王の紋章である鳩が止まっているのが見えますか?

 

 

珍しいことに、今日は噴水の清掃日のようです。ラ・プラタの側には「教会が倒れてくる!」とのけぞる老人の姿が。「ベルニーニとボッロミーニの不仲を象徴している」という、ローマ小話の題材にもなるほど有名な彫刻です。

 

 

ナヴォーナ広場には有名な3つの噴水があるのですが、こちらがその一つ「ネプチューンの噴水」。水の中から、いまにも騎馬が飛び出してきそうです。19世紀、ローマがイタリアの首都になったことを記念して、古い水盤に彫像群が後から付け加えられました。

 

 

タコに絡みつかれながらも、勇敢に闘うネプチューンの筋肉描写が秀逸です。でも、なぜか頭に鳩が・・・。

 

 

ナヴォーナ広場の観光を終えたら、バスにピックアップされて昼食へと向かいます。最高裁判所を正面に見ながら右折してクレシェンツィオ通りに入れば、正面はもうヴァチカン市国。ここを左折すればサンタンジェロ城方面です。

 

 

今日のランチはラ・ソフィッタというリストランテでいただくことに。

 

 

日本の旅行会社が予約してくれたレストランですので、ウエイターも片言の日本語でお出迎え。地元の方もお食事中で、落ち着いた雰囲気の素敵なレストランです。

 

 

サラダとピッツァの簡単な昼食ですが、ドイツ経由でやってくるとイタリア野菜のレベルは北の国よりも高いことに気がつきます。ちなみに塩、胡椒とオリーブオイルで味を整えていただきますが、イタリアにイタリアン・ドレッシングはありません。笑

 

 

そしてメインはカプリチョーザを。シェフの気まぐれピザという意味のようですが、ともかくサイズが大きすぎて。残念ながら今日も完食できず、です。

 

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所


猛暑の夏、宮崎神宮に参拝してきました。

 

 

猛暑日が続く2018年の夏ですが、研究所の所要があり宮崎まで初めて出張しました。この日の北広島と宮崎との気温差は約15℃。暑さには慣れていませんので、体調管理には十分な注意が必要です。乗り継ぎの羽田空港からはソラシドエアを利用。宮崎空港までの初フライトとなります。

 

 

ソラシドエアの機材は最新鋭のB737-800型機。シートピッチは81cmと広く、LEDライトを使ったスカイインテリアも綺麗で、魅力的なキャビンになっています。同型機にはバルチックエアのミュンヘン〜リガ便に搭乗して以来ですね。

 

 

ヤシの木もある宮崎空港のロビーは、常夏のイメージ。ある意味、沖縄よりも南国ムード満点です。

 

 

当日のお仕事を無事に終えたお礼も兼ねて、翌朝は宮崎神宮に参拝することにしました。

 

 

拝殿までの参道に設けられた大鳥居をくぐれば、そこは神聖な神の領域。城壁や石垣で隔絶されていなくても、空間の差異を認識できるのが日本文化の優れた伝統です。大相撲の土俵や、地鎮祭のしめ縄の内側のように・・・。

 

 

宮崎神宮は皇祖、神武天皇を主祭神とする由緒ある神社で、皇室を始め宮家の皆さんもお参りに見え記念の植樹をされているようです。神門をくぐれば正面に拝所と拝殿がみえてきます。

 

 

拝所には神武天皇の父神、母神も祀られていることを記す額も掲げられています。古事記の世界を今に伝える貴重な文化遺産です。

 

 

拝殿では早朝から祈願祭が行われているようで、主祭神に祝詞が捧げられています。それにしても隅々まで手入れの行き届いた、立派な拝殿、そして神宮です。

 

 

境内全体が神聖な領域であり、信仰の対象とされている日本の神社。西洋の宗教施設にはない自然と一体となった静かな祈りの空間が、参詣者の心を癒してくれます。

 

 

参拝後は打合せのため都城市まで移動。合間を縫って、日本の滝百選にも選ばれている「関之尾滝」で束の間の涼を楽しみます。

 

 

国の天然記念物にも指定されている幅40mの大滝。周囲には散策路も用意されているのですが、あまりの暑さのため見学はここまで。

 

 

宮崎といえば宮崎牛、地鶏の炭火焼、チキン南蛮とご当地グルメの宝庫なのですが、今日のランチは「冷や汁」の定食。食欲の落ちる夏場でもさらっといただける、南国ならではの庶民食の代表選手ですね。美味でした。

 

 

充実した宮崎出張の帰路は、駿河湾に浮かぶ富士山が見送りをしてくれました。

 

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所

 

 


暑さもつかの間、台風の影響で収穫も遅れています。

 

7月まで梅雨空が続いた北海道は、低温と日照不足で農産物の収穫に影響が出ているようで心配です。

我が家の農園もrain fed不足を水撒きで補って、なんとか収穫の季節を迎えました。立派なピーマンも大量に。

 

 

枝豆畑も不順な天候の影響で、いつもより生育が遅れているのが気がかりです。

 

 

でも葉の下では枝豆のさやが少しずつ成長中。今年の収穫はお盆が明けてからになりそうですね。

 

 

耐候性に優れたブラックベリーは、気候にも影響されずに今年も色づき始めました。

 

 

来年主役となる枝たちも成長し始めて、収穫が済んだら枝の剪定を始める予定にしています。

 

 

昨年は絶不調だった黒サンゴもなんとか収穫でき、食卓の主役にまで成長してくれました。

 

 

今年はまだまだ猛暑の日々が続くようです。また、台風や急な雷雨も発生しているとか。

休暇を楽しんでいる皆さんも多いかと思いますが、体調には留意されご自愛ください。

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所


屋根の断熱不足が「睡眠の質」を低下させる。

 

 

2階にある寝室や子供部屋が深夜になっても暑くて、ぐっすり眠れない。スッキリ起きられない。

就寝時間は十分でも「睡眠の質」が確保できない、いわゆる夏型の睡眠不足に悩む方は意外に多いようです。今回は住宅の2階が暑くなる原因と、その対処方法について考えてみることにしましょう。

 

日射を受けた屋根からの熱が「睡眠時熱中症」の原因にもなりうる。

 

木造住宅の最上階(多くは2階)の天井と屋根の間の空間を小屋裏空間といいます。屋根の断熱が不十分なままだと、日射の影響を受けて小屋裏空間の温度が60〜70℃になることも珍しくありません。

 

 

日中に小屋裏空間に蓄えられた熱は2階の天井部分を温め、室内へと流れ込んできます。冷房の冷たい風と天井からの照り返しという非常に不快な環境が、夜通し続くと「睡眠の質」は低下してしまいます。そのまま放置しておくと自律神経系へのストレスが亢進しますから日中も体調は優れず、結果として免疫能力も低下してしまうと言われています。

 

特に木造住宅に比べて熱容量が大きいマンションなどのコンクリート造建築では、屋根の断熱が不足すると夜になっても室温が高く推移しがちです。

 

「睡眠の質」を高め「就寝時熱中症」を予防するためには水分補給や空調機の適切な使用に加えて、屋根の断熱強化工事を検討する必要がありそうです。

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所


森の新鮮な空気と、夏の味覚を楽しみました。

 

台風13号の影響で北海道も雨の予報でしたが、すでに予約をしてあったこともありアウトドア・アクティビティへと。札幌の奥座敷、定山渓温泉にほど近い定山渓ファームさんにお邪魔しました。結構人気みたいです。

 

 

サクランボ狩りもまだまだ本番。甘さも十分で、とても美味です。ただ、ハチやアブなどが飛び交いますので、防虫対策は必須、さすがは山の農園です。

 

 

続いて最も苦手とする魚類との格闘。釣り初体験の同行者の強い希望もあり、釣り堀へと連行されます。

 

 

ヤマメでしょうか?お魚の種類は定かではありませんが、早速調理していただきBBQを楽しむことに。実はこちらも苦手です。

 

 

この日は洞爺湖まで足を伸ばし、定山渓温泉に宿泊。翌日は雨間をぬって豊平峡ダムを見学することしました。本当に久しぶりです。

 

 

観光放流を日本で初めて企画したダムとしても知られる定山渓ダム。高所恐怖症なのに、意を決して撮影です。

 

 

苦手なアクティビティの連続でしたが、無事にダムカードもゲット。おかげさまで温泉を楽しみ、森の新鮮な空気をいっぱい吸ってリフレッシュできました。

 

 

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所

 

 

 

 


「真夏の快適さ」を科学しよう。

 

 

今回は酷暑の続く日本の夏をテーマに、休息・健康の維持と知的生産性の向上という異なる視点から「夏のかしこいクラシ」について考察します。

 

寝室は28℃ (50rh%)、執務室は26℃ (50rh%)以下に維持する!

 

下の図は” Thermal Comfort” (P.O.Fanger)を参考に、人間の活動量と着衣量に着目して環境温度の至適範囲を示しています。

 

夏の室内環境について考えてみましょう。下着程度のごく軽度の着衣(0.4clo)で横臥している時でも室温28℃、相対湿度50%以上になると発汗による体温調節が始まりますから、就寝時の寝室の室温は28℃が上限と考えられます。また、テレワークなどで自宅就労をされる場合や、子供の学習環境では活動量がもう少し上がりますから(1.0〜1.2 met)室温はさらに低く調整する必要があり、26℃程度、相対湿度50%が上限となるでしょう。

 

 

室温が28℃以上になり発汗が連続して起こるような状況は、自律神経系が亢進して大変なストレスになります。このような環境下で就寝しても「睡眠の質」の低下は免れず、睡眠時にのみ活性化する免疫系の修復・再生にも大きな影響を与えることになります。最近では環境省も「省エネのため設定室温を28℃にしましょう」といったスローガンをあまり広告しなくなりました。知的生産性の維持、向上を目指すならクールビズ・スタイル程度の着衣量における室温の上限は26℃ (50rh%)で、これ以上では作業能率が低下するでしょう。

 

 

同時にエアコンの設定温度を28℃に調整しても、住宅の断熱、遮熱やエアコンの性能の影響で実際の室温が設定温度になっていない場合も考えられます。しっかりと温湿度計を身の回りにおいておき、周囲環境の把握を心がけましょう。

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所

 


「地球の会」の勉強会に参加してきました。

 

猛暑の中日となった7月30日(月)「NPO法人 環境共棲住宅地球の会」が主催する第12回 定例勉強会が東京八重洲の会場で開催され、冒頭で講演をしてきました。

 

NPO法人「地球の会」は国産材による家づくりを通して森の再生・循環・健康な住宅を普及、推進しようとする工務店さんたちの研究会で、日本独自の住文化の創造と継承を目的としながら、既に14年間ものあいだ精力的に活動されています。

 

 

自然の猛威から身を守りつつ、家族が健康で幸福な人生を全うするために必要で十分な住環境とは? 今回の勉強会は「性能(量)」が持つ本来の意味と目的を見つめ直しながら、次世代への社会資本として残すべき30年後の住宅ストックに必要な「感性価値(質)」とはなにかを、参加者の皆さんと一緒に議論してきました。

 

 

住宅の性能評価制度が普及して、定量的な尺度で住宅建築を比較することが可能になった現代。作り手は評価基準を達成することが目的化していく中で、住宅が持つ普遍的な意味をややもすると置き去りにしてしまったのかもしれません。日本の気候・風土に適合するために先人たちが努力を積み重ねてきた日本の伝統的な住居と住文化。

 

しかし、不変の伝統や文化は歴史的にも存在せず、常に変化と淘汰の中で洗練された技術やデザイン・様式のみが生き残ってきたと言えるでしょう。

 

室内気候研究所は新たな住文化の創生に、挑戦していきたいと考えています。

 

■本ブログは抄録版です。

記事原稿の全文と詳細は、公式HPをご覧ください。

 

室内気候研究所 ニュース:http://iwall.jp/news.html

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所


ローマの名所めぐりは #真実の口 と、#パンテオン から。そして #トレヴィの泉 へと。

 

 

サン・グレゴリオ通りで本日お世話になる観光バスをキャッチして、ローマの名所めぐり

 

へと出発します。同乗されたのはデザイン関連の企業から、イタリア研修で派遣されている

 

10名ほどの日本人の団体さんですね。

 

 

発車してすぐに見えてきたのが、古代の戦車競技場「チルコ・マッシモ」。映画「ベンハー」

 

で有名な戦車競技だけでなく、猛獣ショーや剣闘士と猛獣との死闘などが繰り広げられた

 

場所として知られ、最大収容人員は15万人とも、30万人とも言われています。

 

 

 

映画「ローマの休日」で有名になった「真実の口」に程なく到着。

 

サンタ・マリア・イン・コスメディン教会から今日の視察はスタートです。修復作業中で

 

ファッサードの全景は見られず残念でしたが、12世紀に作られたロマネスク様式の鐘楼が

 

青空を引き裂くように屹立しています。

 

 

 

「真実の口」がある教会正面の回廊には、記念撮影待ちの長蛇の列が。圧倒的に中国からの

 

お客様が多いようで、みなさん自撮り棒を駆使しながらアップで撮影されていました。

 

 

 

毎年2月になると日本中を席巻する、恒例のチョコレート協奏曲。ヴァレンタインデー。

 

行事ゆかりの聖人ヴァレンティンのお墓がこの教会にあり、遺骸も収められていますので、

 

お礼を兼ねてちょっとお参りをします。あまりご存知ないのか、チョコはいただいても素通り

 

される日本人観光客が多いようでな気も・・・。

 

 


教会内部の床はコズマーティ様式の美しい大理石のモザイクで、ほぼ全面が覆いつくされ

 

ています。材料は古代ローマの宮殿などで使用されていた大理石でしょうか。12世紀に

 

追加された列柱も含め、材料が上手にリユースされているところに感心です。

 

 

 

訪問を重ねるにつれて、今ではローマでいちばんのお気に入りスポットになったパンテオン。

 

幸運にも、また訪問することができました。2000年もの永い歳月を超え、古代ローマの建築

 

技術と装飾をオリジナルの姿そのままに伝えてくれる万神殿です。

 

 

 

パンテオン前のロトンダ広場は今日も超満員。中央にはオベリスクが立っていますが、広場を

 

含め周囲はパンテオンに向かって下り傾斜になっています。堆積によって周辺の地盤面が

 

少しずつ上昇したことによるもので、悠久の時の流れを実感できるローマでも数少ない場所です。

 

 

 

ミケランジェロが「天使の設計」と賞賛した無筋コンクリートのクーポラが、今日も

 

多くの観光客を出迎えてくれます。それにしても主祭壇の装飾の見事なこと。

 

古代ローマの芸術を完全な形で見られるなんて、本当に感激です!

 

 

 

石造りの建築としては世界最大規模のパンテオン。直径43mもある大構造天頂部から

 

差し込む光が神殿の荘厳さを一層引き立ています。いつまでも見ていたい。絶景ですね。

 

 

 

37歳の若さでこの世を去った中世の天才芸術家ラファエロ・サンツィオ。没後450年を

 

経て今なお、彼のお墓に礼拝する人が後を絶ちません。このお墓にお参りをしてから

 

バチカン美術館にある彼の作品を見学すると、なんだか中世にタイムスリップしたようで。

 

 

 

パンテオンの視察を終え、コロンナ広場を経由して300mほど歩いたらトレヴィの泉に

 

到着です。世界中からの観光客で今日も大混雑!しかも暑い!!ネプチューンや二人の

 

女神像たちの撮影は諦めて、コインを投げたら早々にジェラート店に緊急避難です。

 

 

 

行列の最後尾に並んではみたのですが・・・コリアンと思われる団体さんが・・・。

 

大音響でお話ししながら堂々と、しかも大量にグイグイ列に割り込み!おとなしい日本人

 

としては、眉をひそめながらも諦め顔で、ただ行列を維持するのが精一杯です。

 

 

 

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所

 


Lesson 40 「住宅内熱中症は」、水分補給では予防できない!

 

 

秋には豊穣の実りをもたらしてくれる夏の日差しや暑さも、対応の仕方を一つ間違えれば命取りになりかねません。特に温冷感覚が鈍ってきたご長寿さんや、暑熱からの回避行動を自ら取ることが難しい乳幼児など、環境弱者の被害が後を断ちません。今回は熱中症と室内環境との関係を正しく理解して適切な対応が取れるように、夏の暑さ対策についてもう一度考えてみました。

 

 

 

室内の温湿度管理が、死亡リスクを低減させる唯一の方法。

 

住宅内で熱中症が疑われる状態になり緊急搬送された人のうち「冷房が停止中であるか冷房が設置されていない室内にいた」割合が90%にものぼる、という驚くべき報告があります。エアコンからの風が直接、しかも恒常的に体に当たるのは不快なものですが、冷房の停止と死亡リスクの相関関係を考慮すれば冷房の適切な使用が命を守る近道であることは明らかで、蒸し暑い日には冷房の利用を躊躇してはいけません。

 

室内にいても適切な温湿度管理がされていなければ、熱中症を防ぐことはできないのですから。

 

 

■本ブログは抄録版です。

記事原稿の全文と詳細は、公式HPをご覧ください。

 

健康のための室内気候講座: http://iwall.jp/column.html

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所


本格的な収穫シーズンが、ようやくやってきました。

 

大阪府北部地震が6月に発生して束の間、甚大な被害をもたらした7月の西日本豪雨。そして記録的な酷暑の毎日が続く2018年の日本列島。被災された多くの方々に、心からお悔やみ申し上げたいと思います。北海道も例年になく梅雨空がいつまでも居座り、日照不足による農作物の被害が出はじめているようです。

 

我が家の菜園も例年より3週間ほど遅れて、ようやく収穫シーズンを迎えることができました。

 

 

ジメジメした空気のせいでしょうか、キュウリの病害と生育不足がご近所トークのメインテーマです。

 

 

でもアスパラガスはどこ吹く風。タネの詰まった真っ赤な実を、たくさん付けるまでに成長しました。

 

 

逆境に強いブラックベリーも天候不順にもめげず成長中。8月の収穫期が今から楽しみです。

 

 

毎朝の野菜もこれくらい収穫する程度なら良いのですが、収量があまり多くなると食べきれなくなるのが悩み。おすそ分けしようにも、ご近所さんでもたくさん取れているので・・・。

 

 

☆室内気候研究所

公式HP : http://iwall.jp/

Twitter: 室内気候研究所



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

e-プラスター

blog_image blog_image blog_image

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:249 最後に更新した日:2018/12/10

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM